Golden Hearts Publicationsのブログ

吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログです。

作曲家紹介~あなたの好きな作曲家も最初は知らない作曲家だった~「ジンジュン・リー(Jinjun Lee)」

f:id:goldenhearts:20170824184415j:plain

 

 こんにちは!Golden Hearts Publicationsの梅本です。

「あなたの好きな作曲家も最初は知らない作曲家だった」と題して、あらためてGolden Hearts Publications取り扱いの作曲家について、簡単にご紹介していくシリーズ。


日本も含め世界はまだまだ広く、個人で色々な作曲家を探すのも大変ですが、Golden Hearts Publicationsを通じて新しい世界が見つかれば幸いです。


今日はシンガポールの作曲家ジンジュン・リー氏(Jinjun Lee)のご紹介です。


他の多くの作曲家と同じく、ファーストコンタクトはWind Band Pressです。

当時はまだ王立北部音楽大学(Royal Northern College of Music)の生徒だった気がしますが、すでに海外では売れ始めていましたし、何より作品が素敵なんですよね。

Wind Band Pressの記事からバイオグラフィーを拾ってみましょう。


■基本的なバイオグラフィー

ジンジュン・リー氏(Jinjun Lee)はシンガポールの作曲家、演奏家(トランペット)。

シンガポールの作曲家協会の一員として、彼の作品はヨハン・デメイ(Johan de Meij)、アルヴィン・アルムガム(Alvin Arumugam)、アドリアン・タン(Adrian Tan)によって指揮され、シンガポール・ウィンド・シンフォニー(Singapore Wind Symphony)、シンガポール経営大学シンフォニア(Singapore Management University Symphonia)、ラッフルズ・ウィンズ(Raffles Winds)によって演奏されています。

最近、彼の作品「What Does the Future Hold?」は2014年ワールド・プロジェクト・作曲コンクール(World Projects Composition Contest)で第1位の賞を受賞し、2015年ロサンゼルス国際音楽祭(Los Angeles International Music Festival)の一環として、リバーサイド・シティ・カレッジ・ウィンド・アンサンブル(Riverside City College Wind Ensemble)がウォルト・ディズニー・コンサートホールで初演しました。

ナショナル・デーの祝賀コンサートの一環として、シンガポール・ウィンド・シンフォニーのために委嘱を受け「Sing!(シング!)」を作曲しました。

彼のトランペット・ソロのショーピース「Variations on Chan Mali Chan(「チャン・マリ・チャン」による変奏曲)」は、2014年にトランペット奏者のジョー・バーグステイラー(Joe Burgstaller)によって初演されています。

「The Straits Times」は、「アーバンの『ヴェニスの謝肉祭』へのローカル・アンサー」と称賛されました。それ以来、シンガポールと中国、アメリカ、ベルギー、ドイツ、スペインなど世界中の多くの国々でユーフォニアム版が演奏され、世界的なユーフォニアム奏者スティーヴン・ミード(Steven Mead)によっても演奏されました。

彼はまた、ディック・リー(Dick Lee)、シュン・ウン(Shun Ng)、ジェレミーモンテイロ(Jeremy Monteiro)などシンガポールの主要音楽家による音楽を含むシンフォニック・バンドのための編曲も行っています。

吹奏楽のための作品のほかに、室内楽作品も積極的に作曲しています。

トロンボーン四重奏のための「Sea Stars(ヒトデ)」は、シンガポール・ローブラス・フェスティバル2015(Singapore Low Brass Festival 2015)の一環として、トロンボーンソサエティ(the Trombone Society)(シンガポール)に演奏されました。

エスプラネード・シアター・オブ・ザ・ベイ(Esplanade - Theatres by the Bay)で発表された一連の公式リサイタル「クール・クラシック」では、トランペット、トロンボーン、ピアノのための「4つのダンス」も演奏されました。

ソロ・ユーフォニアム金管六重奏のための「ユーフォニアム協奏曲(Concertino for Euphonium)」はスティーヴン・ミードの最新アルバム「Dream Times」に収録されました。

彼はまた、シンガポール・ウィンド・シンフォニーが主催するヤング・コンポーザー・チャレンジの指導者としての役割も果たしています。

また、Naval Base Secondary Symphonic Bandの学生のために作曲コースを行い、結果、彼ら学生自身の作品は学校の創立60周年を祝うためにバンドで演奏されるためのものとなりました。

彼は現在王立北部音楽大学(Royal Northern College of Music)の生徒であり、アダム・ゴーブ(Adam Gorb)とポール・パターソン(Paul Patterson)に師事しています。

作曲以外にも、オーケストラ・オブ・ミュージック・メーカーズ(Orchestra of the Music Makers:OMM)、ウィンドスターズ・アンサンブル(Windstars Ensemble)、フィルハーモニック・ウィンズ(Philharmonic Winds)、B5ブラス・クインテット(B5 Brass Quintet)など、多数のグループのトランペット奏者として活躍しており、有名なチェルトナム音楽祭(Cheltenham Festival)にOMMのメンバーとして参加しています。

奨学金を得てYong Siew Toh Conservatoryでシンガポール交響楽団(Singapore Symphony Orchestra)の首席トランペット奏者であるジョン・ダンテ(John Dante)のもとでトランペットを学びました。

 

とまあこんな感じです。

バイオグラフィーにもある曲のいくつかをGolden Hearts Publicationsで取り扱っています。

彼の作品は、彼に聞いたところ、クラリネット以外は基本的に1パート1人で演奏できるとのことなので、スコア+パート譜セットはそのような編成で生産するようにしています。(クラリネットは基本1パート2人にしています)

スコア単品でもパート譜単品でも買えますので、まずは色々な作品を聴いていただければと思います。

リー氏の作品はこちらから。(ブラスバンドも1曲ありますよ!)

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1631136&sort=n