吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログ

吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publications(ゴールデン・ハーツ・パブリケーションズ)のブログです。

小國晃一郎編曲、フレキシブル・デュオのための曲集 Vol.3、Vol.4 2作同時販売開始!

続編を待ち望んていた皆様、お待たせしました!今日は人気の「フレキシブル・デュオのための曲集」続編2作品を同時に販売開始しました!

商品ページで細かい内容をチェックして、タタッとご注文ください!

 

■フレキシブル・デュオのための曲集 Vol.3 
編曲:小國晃一郎
https://goldenheartspublications.com/?pid=170714498

下記の曲が収録されています。

1. 亡き女王のためのパヴァーヌ(抜粋):モーリス・ラヴェル
2. メヌエット ト長調クリスティアン・ペツォールト
3. 乙女の祈り(抜粋):テクラ・バダジェフスカ
4. ジュ・トゥ・ヴ:エリック・サティ

youtu.be

 

■フレキシブル・デュオのための曲集 Vol.4 
編曲:小國晃一郎
https://goldenheartspublications.com/?pid=170714522

下記の曲が収録されています。

1. ユーモレスク:アントニン・ドヴォルザーク
2. メヌエット:ヴォルフガング・アマデウスモーツァルト
3. 楽しき農夫:ロベルト・シューマン
4. ガボットヨハン・ゼバスティアン・バッハ
5. 序曲「1812年」よりフィナーレ:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

youtu.be


皆様からのご注文をお待ちしております!

【音源あり】Golden Hearts Publicationsのポップス作品をご紹介!

 

 

こんにちは!

Golden Hearts Publicationsの梅本です。

昼間は暑いのであまり秋という感じもしないのですが、あっという間に冬がやってくるんでしょうね。

ここ最近のブログでは冬の演奏会に向けて色々な作品を紹介しています。

冬に定期演奏会やウィンターコンサートという名前で自主公演を行うアマチュアバンドも多いと思いますが、せっかくの自主公演ですから、「コンクールでは出来ないこと」「ジョイントコンサートや依頼演奏ではやりづらいこと」にトライしてみたいものです。

今日はGolden Hearts Publicationsから出版されている、または印刷代行をしている吹奏楽作品の中から、ポップス作品、またはちょっとポップス寄りの作品をご紹介します。

まずは参考音源を聴いていただき、ぜひ演奏を検討していただければと思います。


----------

■Starry Night Express 
作曲:金山徹
https://goldenheartspublications.com/?pid=149911711

演奏時間:約3分30秒

元は1983年に書かれた作品。80年代のキラキラ感にあふれたワクワクするようなオリジナルポップスです。80年代を生きた方にはどこか懐かしく、若い世代の方には逆に新鮮に聴こえるのではないでしょうか。演奏会のオープニングなどでぜひ!

youtu.be

 

----------

■タキオのソーラン節 (TAKIO'S SORAN 2) 
作曲:伊藤多喜雄 
編曲:木原塁
https://goldenheartspublications.com/?pid=129440284

演奏時間:約3分20秒

「南中ソーラン」として知られる、「3年B組金八先生」の挿入歌にもなったロック作品「TAKIO'S SORAN 2」を、原曲のテイストを活かしてアレンジ!ソーランの掛け声の応酬が熱い!客席を盛り上げたいバンドにオススメです!

youtu.be

 

----------

■ジュ・トゥ・ヴ 
作曲:エリック・サティ 編曲:正門研一
https://goldenheartspublications.com/?pid=152334861

演奏時間:約4分00秒

サティの名曲「ジュ・トゥ・ヴ」にジャズ要素を取り込んだアレンジです。演奏会のアンコールほか、様々な場面で活かすことが出来るでしょう。

youtu.be

 

----------

■クリスマス・メドレー 
作曲:ブライアン・サドラー
https://goldenheartspublications.com/?pid=119121192

演奏時間:約5分50秒

ただのクリスマス・メドレーではありません。サドラーらしい映画音楽要素がクリスマス・ムードと溶け合った作品。他と違うクリコンを目指したい時にオススメ。

youtu.be

 

----------

■ホリデイ・アドヴェンチャー 
作曲:ブライアン・サドラー
https://goldenheartspublications.com/?pid=119121190

演奏時間:約2分50秒

クリスマスをテーマにした作品ですが、聴いてビックリ!こんな勇壮なクリスマス曲がありますでしょうか。クリスマスコンサートに刺激的な1曲を入れてみたいバンドにオススメです。

youtu.be

 

----------

■デフロスト・ザ・フリッジ 
作曲:ロブ・ウィッフィン
https://goldenheartspublications.com/?pid=122484020

演奏時間:約3分50秒

クールでホットなラテンジャズ作品。バシッと決まれば客席も盛り上がると思います。ちょっと大人なノリノリナンバーを演奏したいバンドにオススメです。

youtu.be

 

----------

以上、Golden Hearts Publicationsのポップス作品のご紹介でした。

次回は「協奏曲」を取り上げる予定ですが、「先に聴きたい」というかたはこちらから!

https://goldenheartspublications.com/?mode=cate&cbid=2294298&csid=0&sort=n

 

 

 


 

【新作】石川亮太氏編曲「賽馬」(アルト・サクソフォーン&ピアノ)販売開始!



石川亮太氏のレーベル「Lyricism(リリシズム)」からPDF販売されたアルト・サクソフォーン&ピアノの新作「賽馬」の印刷版をGolden Hearts Publicationsから販売開始しました!

曲の詳細は以下の通り。

演奏時間:約3分30秒

この楽譜は二胡奏者の黄海懐(Hai-huai Huang)による疾走感あふれる作品を、比較的自由に取り扱い華やかにアレンジしたものです。芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミーの委嘱により2021年に編曲、同アカデミーに所属していた崔師碩(チェイ・シソウ:Shi-shuo CUI)氏に献呈。

賽馬(サイマ)とは競馬のこと。原曲の作曲者自身による演奏も残されていて、楽譜もきちんとした形で整えられています。ですので私が編曲する以前にもこの曲がサクソフォンで演奏されたことはありました。そこで新たな版を作るにあたってはオリジナルな要素を加えて新鮮味を出すこと・・・よりドラマティックな音楽にすることを意識しました。

まずD までのイントロ部分は曲中のモチーフを使った創作になります。原曲では終結部付近で馬の嘶きを模すパフォーマンスがよく行われますが、ここではタンポの開閉音を使い蹄の音を表現します。H の直前までは原曲通りの進行ですが、本来は持続していた和音を動かすことでやや情緒的な印象になっていると思います。H からKまでは原曲にない展開部分で、フィナーレに向けての直線的な盛り上がりを前に、精神的な広がりを持たせる意図で挿入しました。L 以降のコーダは尺を引き伸ばしたほか、本来はd-moll のまま終止するところをg-moll に転調して曲を閉じます。これはフラジオ奏法の難易度が上がるという観点で諸刃の剣と呼ぶべき変更ですが・・・どの音を選ぶにしてもテンションの高い演奏でお客様のハートをグッと掴んでください!

最後になりますが、相変わらずピアノパートにも沢山の音符を配しました。これは伴奏パートではなく共演パート!ですので、負担は大きいと思いますが存分に目立っていただきたく思います。

(石川亮太)

youtu.be

皆様からのご注文をお待ちしております!


 

【新作】正門研一氏作曲の金管8重奏「トワイライト・グロウ」販売開始しました!

正門研一氏作曲の金管8重奏「トワイライト・グロウ」の楽譜をGolden Hearts Publicationsから出版・販売開始しました!

 

【金管8重奏 楽譜】トワイライト・グロウ 作曲:正門研一

楽曲解説

2004年に福岡市内の高等学校吹奏楽部からの委嘱により作曲した金管八重奏曲です。委嘱時の要望に応える形で、ジャズテイストを持った、そして一般的な楽器編成とは異なった作品になっています。各楽器の音域も(トロンボーン1とテューバ1を除き)無理のない範囲に収めています。

作曲の打ち合わせに伺った際、それはちょうど黄昏時でしたが、窓から見えた柔らかな光が作品の発想となりました。とは言え、その情景を描写しようとはしたわけではありません。夜の闇が寄せてくるにつれ、むしろ活気づいてくる街や人々の感情がここには現れているかもしれません。

(正門研一)

演奏時間:約4分40秒

www.youtube.com

アンコンに間に合うかどうかわかりませんがアンコンの規定時間にも収まるサイズになっています。

アンコンじゃなくてもどこかで演奏していただければ嬉しいです。

皆様からのご注文をお待ちしております!

【音源あり】交響曲や長い曲にチャレンジ!



 

こんにちは!

Golden Hearts Publicationsの梅本です。

もうすぐ10月ですね。

冬の演奏会の準備は進んでおりますでしょうか・・・

冬に定期演奏会やウィンターコンサートという名前で自主公演を行うアマチュアバンドも多いと思いますが、せっかくの自主公演ですから、「コンクールでは出来ないこと」「ジョイントコンサートや依頼演奏ではやりづらいこと」にトライしてみたいものです。

ということで今日はGolden Hearts Publications作品の中から、交響曲や長い曲を紹介してみようと思います。

こういう作品を自分たちで選んでカットなしで出来る機会は自主公演くらいしかないですからね。

ぜひこの冬(春でもいいけど)チャレンジしていただければと思います。


----------

祖韻~古来の音楽 
作曲:スーユー・ホァン
https://goldenheartspublications.com/?pid=125594153

演奏時間:約10分50秒 

中国の伝統音楽をモチーフにしています。冒頭の二胡チャルメラインパクトが強いですが全体的に現代的な作品です。

youtu.be

 

----------

赤壁 
作曲:スーユー・ホァン
https://goldenheartspublications.com/?pid=120659616

演奏時間:約9分10秒

コンテンポラリーな響きとドラマティックさが同居した個性あふれる作品。歴史的なテーマを緊張感の高いサウンドで描いています。

youtu.be

 

----------

※下記クリスティアーン・ヤンセン氏の諸作品は、ヤンセン氏側で売価変更になっている可能性がございますので、ご購入希望の方はお問い合わせください。

悪魔の鐘 
作曲:クリスティアーン・ヤンセン
https://goldenheartspublications.com/?pid=138938536

演奏時間:約10分20秒

オランダのサンベークの祭司と教会の鐘、クリスマスと悪魔について描いた作品。ヤンセン独自の美しいサウンドとドラマティックな展開が融合しています。中間部と終盤には児童合唱のパートもあります。

youtu.be

 

----------

シンフォニエッタ 
作曲:クリスティアーン・ヤンセン
https://goldenheartspublications.com/?pid=119121180

演奏時間:約22分00秒

youtu.be

 

----------

幻想的なメロディ 
作曲:クリスティアーン・ヤンセン
https://goldenheartspublications.com/?pid=119121179

演奏時間:約14分00秒

youtu.be

 

----------

狂気の王の物語 
作曲:クリスティアーン・ヤンセン
https://goldenheartspublications.com/?pid=119121178

演奏時間:約10分30秒

youtu.be

 

----------

吹奏楽のための奇想曲 
作曲:クリスティアーン・ヤンセン
https://goldenheartspublications.com/?pid=119121176

演奏時間:約13分45秒

聴いた瞬間にぶっ飛んだ!こだわりが生んだ衝撃的に美しいサウンドが強烈な印象を残す作品。

youtu.be

 

----------

アラファヤ 
作曲:クリストファー・マーシャル
https://goldenheartspublications.com/?pid=142148216

演奏時間:約19分30秒

約20分と比較的長めの作品ですが、4つの楽章に分かれており、それぞれ雰囲気を少しずつ変えながらも、曲全体として統一感のある作品です。楽章抜粋でももちろん演奏可能です。定期演奏会のメインなどにオススメです。

youtu.be

 

----------

「マスター・オブ・ライツ」ハイライト 
作曲:ジャン=フィリップ・ヴァンブスラール
https://goldenheartspublications.com/?pid=144669408

演奏時間:約9分30秒

十字軍をテーマにした作品です。

youtu.be

 

----------

人生の虹 
作曲:ジャン=フィリップ・ヴァンブスラール
https://goldenheartspublications.com/?pid=144669409

演奏時間:約14分20秒

youtu.be

 

----------

第1交響曲 
作曲:ジャン=フィリップ・ヴァンブスラール
https://goldenheartspublications.com/?pid=144669410

演奏時間:約22分45秒

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 

----------

ライト・タッチ 
作曲:ロブ・ウィッフィン
https://goldenheartspublications.com/?pid=136770609

演奏時間:約11分40秒

急-緩-急のオーソドックスな構成の作品ですが、変拍子やアクセントによる拍感の変化など一筋縄ではいかないところもあります。ややシリアスですが、ウィッフィン作品の特徴でもある明快なメロディーやジャズの影響も隠し味のように効いています。

オーボエバスーンが2パートずつありますが、2パート目は他の楽器と同じ動きをしているので、なくても演奏可能とのことです。

youtu.be

 

----------

組曲「物語と夢」 
作曲:ロブ・ウィッフィン
https://goldenheartspublications.com/?pid=127137585

演奏時間:約11分15秒

急緩急の3つの楽章で構成された組曲。少し不思議なメロディーが印象的です。ありがちな作風に飽きている「ちょっと変わった作品」を探しているバンドにオススメです。

youtu.be

 

----------

シーンズ・フロム・モダン・ライフ 
作曲:ロブ・ウィッフィン
https://goldenheartspublications.com/?pid=122484021

演奏時間:約9分50秒

「シーンズ・フロム・モダン・ライフ」は、現代の存在を3つの側面から描いた組曲です。 まず「都市の鼓動」(3.20)では、喧騒とギザギザのエッジ、粘り強い神経質なエネルギーが感じられます。
続いて、時代を超越した人生の一面、「雲の展望」(3.30)。 この静かで印象的な動きは、形が穏やかに形成され、そして合体して移動していく様子を表現しています。
最後に、「コーチ・ライド」(3.06)は、バスに乗って躁状態で旅をしている(明らかにM25ではない)(注:M25はイギリスの環状高速道路のこと)。 この疾走感あふれる小曲は、元々はバッキンガムシャー・シンフォニック・ウィンド・アンサンブルのアンコールとして書かれたものです。
この曲は、バスに乗っている間に童謡が出てきて、「The wheels on the bus go round and round」などが出てきます。
(ロブ・ウィッフィン)

youtu.be

 

----------

番外編:フレキシブルデュオ、トリオ、カルテットの長い曲


【フレキシブル2重奏 楽譜】
リュートのための古風な舞曲とアリア 第三組曲(全曲) 
作曲:オットリーノ・レスピーギ 
編曲:小國晃一郎
https://goldenheartspublications.com/?pid=169931280

演奏時間:約16分30秒

youtu.be

 

----------

【フレキシブル3重奏 楽譜】
リュートのための古風な舞曲とアリア 第三組曲(全曲) 
作曲:オットリーノ・レスピーギ 
編曲:小國晃一郎
https://goldenheartspublications.com/?pid=169931354

演奏時間:約16分30秒

youtu.be

 

----------

【フレキシブル4重奏 楽譜】
日本民謡選集~故郷の唄~ 編曲:小國晃一郎
https://goldenheartspublications.com/?pid=151944865

演奏時間:約11分00秒(全曲演奏した場合)

馴染み深い日本の民謡6曲をフレックス4重奏にアレンジ

youtu.be

 

----------

以上、「交響曲や長い曲にチャレンジ!」でした。

ポップスや協奏曲は来週以降、またご紹介する予定ですが、先取りしたい方は下記カテゴリからどうぞ。

https://goldenheartspublications.com/?mode=cate&cbid=2294298&csid=0&sort=n

 

 

 


 

【音源あり】そろそろクリスマスの曲を準備していこう

 

※台風の被害に合われた方に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日でも早く復旧されることをお祈り申し上げます。


こんにちは!

Golden Hearts Publicationsの梅本です。

9月も後半に入っていますね。

クリスマスコンサートや依頼演奏用の曲も、そろそろ準備しておくと良いかと思います。

Golden Hearts Publicationsから出版しているクリスマス関連の曲は、以下の通り。ぜひ演奏してみてくださいね。


■【フレキシブル4重奏 楽譜】
「クリスマス讃美歌選集(改訂版)」吹奏楽の為のフレキシブル四重奏 
編曲:小國晃一郎
https://goldenheartspublications.com/?pid=147084626

クリスマスシーズンによく耳にする讃美歌12曲を、吹奏楽で用いられる楽器によるフレキシブル四重奏でまとめています。

youtu.be

 

■【フレキシブル4重奏 楽譜】
オラトリオ「メサイヤ」より「ハレルヤ」 
作曲:G.F.ヘンデル 
編曲:小國晃一郎
https://goldenheartspublications.com/?pid=154303523

ヘンデル(Georg Friedrich Handel, 1685~1759)によるこの作品は、バッハのマタイ受難曲ヨハネ受難曲と並んでよく知られた宗教的作品です。クリスマスシーズンによく耳にする事も多いのではないでしょうか。コンクール向けと言うよりはロビーコンサートやちょっとした発表会などで気軽に演奏されて欲しいと思い、作成しました。

youtu.be

 

■【吹奏楽 楽譜】
こどもたちのクリスマス 
作曲:ロブ・ウィッフィン
https://goldenheartspublications.com/?pid=124391180

多くのクリスマス・キャロルをアレンジした作品。4分半の間に親しみやすくかわいげのあるメロディーが満載で、演奏会はもちろん依頼演奏などにもオススメです。

youtu.be

 

■【吹奏楽 楽譜】
クリスマス・メドレー 
作曲:ブライアン・サドラー
https://goldenheartspublications.com/?pid=119121192

ただのクリスマス・メドレーではありません。サドラーらしい映画音楽要素がクリスマス・ムードと溶け合った作品。他と違うクリコンを目指したい時にオススメ。

youtu.be

 

■【吹奏楽 楽譜】
ホリデイ・アドヴェンチャー 
作曲:ブライアン・サドラー
https://goldenheartspublications.com/?pid=119121190

クリスマスをテーマにした作品ですが、聴いてビックリ!こんな勇壮なクリスマス曲がありますでしょうか。クリスマスコンサートに刺激的な1曲を入れてみたいバンドにオススメです。

youtu.be

 

 

----------

以上、「そろそろクリスマスの曲を準備していこう」でした。

 

アンコンに出ないメンバーもアンサンブルにチャレンジしてみよう

 

こんにちは!

Golden Hearts Publicationsの梅本です。

アンコンシーズン!って感じでアンサンブルの楽譜がよく売れております。

今日は「アンコンに出ないメンバーもアンサンブルにチャレンジしてみよう」というお話。

アンコンは1つの学校や団体から出場できる団体数が限られているので、部内オーディションをするところもあるようですね。

僕が大学生の頃も「アンコンに出たい人(チーム)」から選抜が行われていた気がします。

それよりも面白かったのが部員全員参加の「アンサンブル大会」でした。

部員一人残らずなんとかして組み合わせを決めて、最終的にはホールを借りて一般に開放して演奏会を行います。

毎年あるので毎年違う人と組むことで、技術的な課題や目標、表現面での課題や目標、色々と刺激を受けて上達できるとてもよい機会でした。

僕はクラリネット4重奏が2回と、あとは8重奏でも出たかな?

クラリネットパートの人の中には、クラリネットアンサンブルではなくて木管アンサンブルに参加する人もいます。

最近はバンドの人数も減っているようなので小規模な形になるかもしれませんが、フレキシブルアンサンブルの楽譜も増えていますし、「どんなアンサンブルを組むといいかな?」ということを皆で考えて、全員参加で楽しく上達していただければいいのかなと思います。

アンサンブルの楽譜はこちらから。(他社商品も含む)

goldenheartspublications.com

Golden Hearts Publicationsの楽譜から探す場合はこちら。

goldenheartspublications.com

Golden Hearts Publicationsの作品であれば、ほとんどがPDFで安価で販売も行っていますので、予算がないバンドはこちらからお探しください。

store.piascore.com

アンコンだけがアンサンブルをする唯一の機会というわけではないので、自分たちで機会を作ってみてはいかがでしょうか。

 


----------

以上、「アンコンに出ないメンバーもアンサンブルにチャレンジしてみよう」でした。