Golden Hearts Publicationsのブログ

吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログです。

スーユー・ホァン(黄思瑜:Ssu-Yu Huang)2012年の吹奏楽作品「祖韻~古来の音楽」の販売を開始しました!

f:id:goldenhearts:20171122163659j:plain

スーユー・ホァン(黄思瑜:Ssu-Yu Huang)2012年の吹奏楽作品「祖韻~古来の音楽」の販売を開始しました!

二胡チャルメラほか中国の伝統楽器が大活躍する作品です。

 

■原題または洋題:祖韻(Ancestral Tune)

■演奏時間:約10分50秒

■参考音源:Soundcloud(商品ページからリンクを貼ってあります:フルサイズ実演音源)

■楽曲について

この作品は、新しい領土を探検し、故郷を守り続けてきた、作者が深く感動して賞賛してやまない客家(ハッカ)の先祖の不屈の精神に触発された作品です。
伝承曲の「老山歌」と「大埔調」のモチーフを使い、以下の5つのセクションから構成されています。

1.序曲:「老山歌」のメロディーをトランペットが奏で、先祖の苦難と忍耐の歴史を伝えます。
2.前半部:儀式の進行と、敬意、祖先、礼儀正しさを表現しています。
3.中間部:打楽器、二胡チャルメラによる即興のブリッジで導かれ、マリンバシロフォンによって導かれた客家の風景の奇想曲に発展します。ミステリアスな雰囲気と楽器の重なりを通して、このセクションでは、先祖が新しい生息地を探索し確立するために、山や海を越える移住の情景を描いています。
4.後半部:「大埔調」のモチーフに基づいて、寺院に集まって行われる祭りを表現しています。
5.コーダ:崇拝する神の儀式的進行を、強く、交互の打楽器演奏で表現し、熱狂的で力強い金管の演奏で人々の色彩豊かな活力を表現しています。クライマックスの後、最初のモチーフが復活し、現代の客家の人々の先祖の遺産への記憶と尊敬を象徴しています。

この作品は吹奏楽客家八音を結びつけるための試みです。
客家八音は、一般的に結婚式、葬儀などの際に用いられる、客家の人々の伝統的な音楽芸術形式です。したがって、その音楽スタイル、演奏形式、内容、楽器は、伝統的な中国の民俗音楽の強い特徴を持っています。この作品は、伝統的な民族音楽に基づいていますが、西洋の音楽技術を使って革新的な探究に発展させています。
客家八音は、新生児の歓迎、結婚、高齢者の誕生日の祝典、葬儀など、社会的儀式と密接に結びついています。儀式の進行、贈り物の満足感、音楽による祝典は、深く根付いた文化的な側面や社会的関係を表し、祝福、遺産、先祖に対する感情や憧れを表しています。
客家八音は、しばしばBGMとして演奏されます。その音楽はシンプルで素朴なメロディーに基づいていますが、演奏家には即興のための余裕があります。
西洋の吹奏楽編成と組み合わせると、音色が大幅に多様化し、音量が向上します。
音楽の形態、テクスチャ、ダイナミクスを探求するために、より多くの部屋が開かれています。 しかし、作曲家にとっては、チューニング、音色、バランス、一貫性に関する問題を解決することは非常に困難です。

この作品は桃園交響管楽団(Tao Yuan Symphonic Band)によって委嘱されました。

(スーユー・ホァン)

 

「聴衆がぶっ飛ぶような作品を演奏したい」そんなバンドにオススメです。

商品ページはこちら!

goldenheartspublications.com