Golden Hearts Publicationsのブログ

吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログです。

楽曲解説を追加しました:ジンジュン・リー(Jinjun Lee)作曲「秋の花火(Autumnal Fireworks)」

f:id:goldenhearts:20171213150954j:plain

ジンジュン・リー(Jinjun Lee)作曲の吹奏楽作品「秋の花火(Autumnal Fireworks)」の楽曲解説を追加しました。

■楽曲について:

2016年の秋は私にとって秋の始まりから終わりを初めて経験した時でした。

熱帯の国から来て、私はそのイングランドの季節の間を走り抜けて私を震わせた、赤、オレンジ、黄色の木々の光景に、心から非常に興奮し、驚きました。

それは感覚的過負荷であり、自然が織りなす巨大な花火のように見えました。

秋についての多くの作品が書かれていますが、秋の期間をこのように秋を経験したことのない人の視点から書かれたものはほとんどありません。

ゆえに、「秋の花火」は生まれました。

「秋の花火」は、秋の景色を見ているような興奮と輝く感覚を描いた活気のある作品です。

第二主題がより穏やかで素朴な性格で現れ、音楽はゆっくりと盛り上がりクライマックスを迎え、最後は盛大に奏でられます。

「秋の花火」は、サム・ヘアサイン(Sam Hairsine)の指揮のもと、王立北部音楽大学(Royal Northern College of Music)1・2年生の吹奏楽団によって初演されました。

(ジンジュン・リー)

商品ページでフルサイズ試聴とスコアサンプルPDFの閲覧が出来ます。

リー氏が感じ、描いた「秋の花火」、是非お聴きください。

goldenheartspublications.com

アメリカの作曲家アーロン・ペリン氏(Aaron Perrine)の自費出版社「Longitude 91 Publications」と契約・販売開始しました

f:id:goldenhearts:20171211155725j:plain

アメリカの作曲家アーロン・ペリン氏(Aaron Perrine)の自費出版社「Longitude 91 Publications」と契約し、輸入販売を開始しました。

アーロン・ペリン氏はまだ比較的若い作曲家ですが、2013年に「ペイル・ブルー・オン・ディープ(Pale Blue on Deep)」、2015年に「オンリー・ライト(Only Light)」でABA/スーザ/オストウォルド賞を受賞した実力派。

クオリティの高い作品ばかりです。

すべて商品ページから参考音源をフルサイズ試聴出来ますので、ぜひ聴いてみて、演奏してみて下さい。

フルスコアだけの販売も行っています。

▼アーロン・ペリン氏の作品はこちらから

goldenheartspublications.com

マンチン・ドナルド・ユー作曲「ワンネス」の販売を開始しました

f:id:goldenhearts:20171208161509j:plain

マンチン・ドナルド・ユー作曲、アルト・フルートとピアノのための作品「ワンネス」の販売を開始しました。

元々はオカリナとフルートのために書かれた新作だったのですが、「オカリナはちょっと専門外だな~」なんてことを作曲者に伝えたところ、すぐにアルト・フルート版を作って頂きました。

作品の詳細は以下の通りです。

■原題または洋題:Oneness

■作曲者:マンチン・ドナルド・ユー(余文正:Man-Ching Donald Yu)

■演奏時間:約6分00秒

■出版社:Golden Hearts Publications

楽曲解説、スコアサンプルPDF閲覧、および参考音源はすべて商品ページでご覧いただけます。

非常に美しい作品です。

ぜひご検討ください。

goldenheartspublications.com

楽曲解説を追加しました:ジンジュン・リー(Jinjun Lee)「アー・ウィー・ダウンハーテッド?」

f:id:goldenhearts:20171207114326j:plain

ジンジュン・リー(Jinjun Lee)のブラスバンド作品「アー・ウィー・ダウンハーテッド?」の楽曲解説を追加しました。

ブラスバンドの楽譜はGolden Hearts Publicationsでは今のところこの作品のみしかありませんが、商品ページで音源も聴けるので、ぜひ演奏をご検討ください。

■楽曲について:

1914年の夏に起こったオーストリアフランツ・フェルディナンド大公の暗殺は、世界初の世界大戦に急速に拡大した戦争を引き起こしました。

それは4年間にわたり行われ、4,000万人の死者と少数の帝国の崩壊をもたらしました。

戦争の規模は非常に大きかったので、「戦争をすべて終わらせる戦争」と信じられていました。

様々な前線で戦った兵士の日記は多くの物語を教えてくれます。配備を待っていた熱心な入隊者、塹壕の状況下に嫌気がさした兵士、仲間の喪失で悲嘆を抱いた戦闘員、家族の行方不明、英雄主義の行為、それらは戦闘の中で起こりました。

すべての前線の兵士が行ったことの1つは、魂を高揚させてお互いを応援する歌を歌うことでした。そして、これらの曲のうちの1曲は「Are We Downhearted?」と呼ばれ、讃美歌「救い主イェスよ まことの光よ(Sun of My Soul, Thy Saviour Dear)」とともに歌われました。

私は "Are We Downhearted?"に基づいた幻想曲を通じて日記に残された兵士の物語を伝えることにしました。

作品は3つのパートに分かれています。

第1部では、戦争の始まり、戦争の恐ろしい予感、世界が投げ込まれる混乱を描いています。

第2部では、悲しみの勃発を含む孤独と疲労が顕在化しています。

第3部は私たちを戦争の真っ只中に投げ入れ、そこでは英雄主義の輝く瞬間があり、勝利によってこの戦争が世界にとって最後の戦争になるという希望に近づきます。

""Are We Downhearted?" は彼らの国のために戦った男女に捧げられ、彼らの物語はいつまでも音楽の中に記憶されます。

(ジンジュン・リー)

▼商品ページはこちら

goldenheartspublications.com

Golden Hearts Publications2017年11月の新規取扱商品一覧

こんにちは!

Golden Hearts Publicationsの梅本です。

2017年11月の新規取扱商品まとめです。

すべてスコアPDFサンプル(冒頭5ページほど)の閲覧、フルサイズの試聴が出来ます。

ぜひ商品ページをご覧になってくださいね。

 

吹奏楽 楽譜】
オーボエ協奏曲「ホボ・サピエンス」 
作曲:ディートリヒ・ヴァンアケリェン

■楽曲について
我々は、先史時代の森の奥深くで、木と葦で音楽を作った最初の人間になった「ホボ・サピエンス」と出会う。
このキャラクターは私に軽妙な舞曲を作曲するためのインスピレーションを与えました。
私の最も挑戦的な作曲の一つでもありますが、私はこのとっぴな作品を楽しく作っていました。 オーボエは、ユーモアのある音楽の旋律を作り出すのに最適な楽器です。
音とリズムを探求する「ホボ・サピエンス」に加わりましょう!
魅力的な漫画家、Louis Clement氏の気遣いのある画像に感謝します。
(ディートリヒ・ヴァンアケリェン)

(補足:「Hobo」はオランダ語で「オーボエ」を意味します。ホーボと発音するのが近いかもしれませんが、「ホモ・サピエンス」をもじった作品であるので邦題も「ホボ・サピエンス」としています)

goldenheartspublications.com

吹奏楽 楽譜】
祖韻~古来の音楽 
作曲:スーユー・ホァン

■楽曲について
この作品は、新しい領土を探検し、故郷を守り続けてきた、作者が深く感動して賞賛してやまない客家(ハッカ)の先祖の不屈の精神に触発された作品です。
伝承曲の「老山歌」と「大埔調」のモチーフを使い、以下の5つのセクションから構成されています。
1.序曲:「老山歌」のメロディーをトランペットが奏で、先祖の苦難と忍耐の歴史を伝えます。
2.前半部:儀式の進行と、敬意、祖先、礼儀正しさを表現しています。
3.中間部:打楽器、二胡チャルメラによる即興のブリッジで導かれ、マリンバシロフォンによって導かれた客家の風景の奇想曲に発展します。ミステリアスな雰囲気と楽器の重なりを通して、このセクションでは、先祖が新しい生息地を探索し確立するために、山や海を越える移住の情景を描いています。
4.後半部:「大埔調」のモチーフに基づいて、寺院に集まって行われる祭りを表現しています。
5.コーダ:崇拝する神の儀式的進行を、強く、交互の打楽器演奏で表現し、熱狂的で力強い金管の演奏で人々の色彩豊かな活力を表現しています。クライマックスの後、最初のモチーフが復活し、現代の客家の人々の先祖の遺産への記憶と尊敬を象徴しています。
この作品は吹奏楽客家八音を結びつけるための試みです。
客家八音は、一般的に結婚式、葬儀などの際に用いられる、客家の人々の伝統的な音楽芸術形式です。したがって、その音楽スタイル、演奏形式、内容、楽器は、伝統的な中国の民俗音楽の強い特徴を持っています。この作品は、伝統的な民族音楽に基づいていますが、西洋の音楽技術を使って革新的な探究に発展させています。
客家八音は、新生児の歓迎、結婚、高齢者の誕生日の祝典、葬儀など、社会的儀式と密接に結びついています。儀式の進行、贈り物の満足感、音楽による祝典は、深く根付いた文化的な側面や社会的関係を表し、祝福、遺産、先祖に対する感情や憧れを表しています。
客家八音は、しばしばBGMとして演奏されます。その音楽はシンプルで素朴なメロディーに基づいていますが、演奏家には即興のための余裕があります。
西洋の吹奏楽編成と組み合わせると、音色が大幅に多様化し、音量が向上します。
音楽の形態、テクスチャ、ダイナミクスを探求するために、より多くの部屋が開かれています。 しかし、作曲家にとっては、チューニング、音色、バランス、一貫性に関する問題を解決することは非常に困難です。
この作品は桃園交響管楽団(Tao Yuan Symphonic Band)によって委嘱されました。
(スーユー・ホァン)

goldenheartspublications.com

以上、Golden Hearts Publications、11月の新規取扱商品でした。

楽曲解説を追加しました:ジンジュン・リー(Jinjun Lee)「『チャン・マリ・チャン』による変奏曲」

f:id:goldenhearts:20171130183724j:plain

ジンジュン・リー(Jinjun Lee)作曲のトランペットまたはユーフォニアムの協奏曲「『チャン・マリ・チャン』による変奏曲」の楽曲解説を追加しました。

 

「『チャン・マリ・チャン』による変奏曲」は、シンガポールの未知の英雄たちの生活を称えようとしています。バリエーションは、人生のさまざまなステージを描いています。

幼少期の無邪気さから始まり、若者の大胆なエネルギーに進みます。情熱的な愛が見つかった後、勤勉な生活が続きます。死を迎える年齢となります。

その後、壮大なコラールが、社会の英雄としての一般的な男性の人生を祝い、非常に急速なフローリッシュが作品を終わらせます。

「『チャン・マリ・チャン』による変奏曲」は、トランペット奏者のジョー・バーグスタラー氏(Joe Burgstaller)、エイドリアン・タン氏(Adrian Tan)の指揮の下、シンガポール・ウィンド・シンフォニー(Singapore Wind Symphony)によって初演されました。

 

この作品はオーケストラ伴奏、吹奏楽伴奏、ピアノ伴奏の3種類があり、

Golden Hearts Publicationsでは吹奏楽伴奏版とピアノ伴奏版の2種類をお取り扱いしています。

 

商品ページではスコアのサンプルPDFもご覧いただけますので、

ぜひご検討ください。

goldenheartspublications.com

goldenheartspublications.com

スティーヴン・ミード氏が演奏した参考音源もあります。

まずはピアノ伴奏版を買って一度トライしてみるのも良いですね。

www.youtube.com

 

楽曲解説を追加しました:マンチン・ドナルド・ユー「センシティビティ」

f:id:goldenhearts:20171124114830j:plain

マンチン・ドナルド・ユー(余文正:Man-Ching Donald Yu)作曲のサクソフォーン四重奏曲「センシティビティ」の楽曲解説を追加しました!

解説そのものが作品に負けず劣らず難しいですが・・・

■楽曲について

「センシティビティ」はオランダのArdemus Saxophone Quartetのために書かれました。

この音楽は、ドイツの現代芸術家、ハイケ・シュミット(Heike Schmidt)による一連の作品からインスピレーションを得ています。

アートワークは、アーティストの思考の内面的な葛藤、感覚と感情の感受性(センシティビティ)を反映しており、これらはアートワークの対照的な色彩、線、形として特徴づけられています。

したがって、音楽は、異なる音楽ジェスチャー、要因、および素材の観点から、感覚と感情の二重性を表現しています。

神秘的で瞑想的なジェスチャーは予備的なセクションを特色としていますが、時には劇的でコントラストのある素材を並行して配置しています。

これらの素材は、ピッチの素材やリズミカルな要因など、様々なスタイルの様式で有機的に展開し、変化します。

一般的に言えば、作品中の持続的で雰囲気に富む素材は濃い色の特徴を持つアートワークの上部に対応し、劇的で反復的でミニマル的な素材はアートワークの下部に対応し、線と透明度が主要な構成となっています。

アートワークはこちらから見ることが出来ます。

www.saatchiart.com


商品ページでMIDIのフルサイズ試聴やサンプルスコアの閲覧も出来ます。

goldenheartspublications.com