吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログ

吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publications(ゴールデン・ハーツ・パブリケーションズ)のブログです。

Golden Hearts Publicationsこぼれ話~高くなっても大判スコアにする理由

 

こんにちは!Golden Hearts Publicationsの梅本です。

7/11から、あらためて僕がGolden Hearts Publicationsをやりながら気づいたことやGolden Hearts Publicationsにかける想いなど、色々とお話しを始めています。

おしとやかにぶちまけていきたいと思いますのでしっぽりとお読みいただければ幸いです。

今日のテーマは「高くなっても大判スコアにする理由」としました。


これまでも何度か触れてきましたが、Golden Hearts Publicationsの最初の契約作曲家であり、Golden Hearts Publicationsを始めるきっかけとなった作曲家はベルギーのディートリヒ・ヴァンアケリェンです。

 https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1631140&sort=n


日本国内での印刷代行をするにあたり彼が自信で販売している楽譜の仕様を確認しました。再現性を高めるためですね。

彼の仕様はフルスコアについてはA3サイズ、用紙はビオトープを使っているとのことでした。パート譜についてはちょっと忘れましたが、確かコピーされたものと区別出来るように色のついた紙を使うとかそんな感じだったと思います。

特にスコアについてディスカッションをしたわけですが、「吹奏楽は段数が多くなるからA4だと読めないよね」「紙が照明に反射すると指揮者はやりづらいよね」など、色々「確かになあ」と思うところがありました。彼は顧客である指揮者の目線でスコアを作っていたわけですね。そこに作る側の理屈なんてないわけです。

これに共感するところが多かったので、まず最初は彼の仕様をGolden Hearts Publicationsの基準としました。

ただ日本全国探しましたが、A3サイズをリング製本でビオトープを使って1部から受注生産、というのに対応出来る会社でなおかつ品質も良くビジネスパートナーとしてまともに話が出来る会社は皆無に等しく、なんとかなんないかなあと探し回ってようやく見つけたのが今の印刷会社です。散々日本全国問い合わせておいてまさかの広島でしたけど。現在は印刷会社はすべて広島で、大判ビオトープ、A4以下の商品、にわけて3社使い分けています。

実際に見てみるとわかるんですが、吹奏楽で小編成でないものは、やはりA4だと見づらいですよね。見づらくないですか。どちらかというと見づらいですよね。見やすくはない。

なのでA3、あと海外にはないそうですがB4、この2つのサイズをスコアサイズの基本としています。

これが、まずビオトープが高いのと、A4よりサイズが大きくなると印刷費が高くなるので、結果的にスコア分の制作原価が高くなります。

それでもおそらく輸入するよりは安くて早く提供できるかなというところなのですが、ビオトープを使っていない、大判でも自社のレーザープリンターで印刷できる、そういう会社さんの商品に比べると高いですので、最近になって各作家さんの了承を得て、安価版をご用意しました。

安価版はスコアサイズは変わりませんがビオトープを使わずに色上質紙を使います。照明の反射の部分で本意ではない形ですが、日本のバンド、特に学校の部活動は予算が決まっているところの方が多いかと思いますし、予算を超えた額の楽譜を買うのは難しいだろうということで、主に予算で苦しんでいるバンド向けにご用意しています。なので予算に余裕があればビオトープ(安価版に対してDX版という名称にしていますが)をご購入頂いた方が、後々指揮者の方にとってはよろしいかと思いますね。

僕もしょっちゅう腰を痛めたりしてたので整体に行ってたんですが、僕の場合は一日中パソコン使っているので、目の疲れから首やら腰やらに疲れがきてるって言われましたね。そこでブルーライトカットのフィルムを画面に貼ったら、だいぶ首や腰は疲れにくくなりました。かれこれもう1年くらい整体行ってないですね。

何の根拠もないんですが(ないのか)、もし指揮者の方(指揮をする機会が多い方)で首から下がどこか痛いとか疲れてるとかいう場合は、目の疲れが原因の場合もあるので、PCにはブルーライトカットフィルムを貼り、スマホは必要以上に見ない、そしてスコアは大きいサイズのビオトープ用紙を使う、と(笑)

他所には他所の事情やお考えがあるので決してA4サイズのスコアに対して「悪だ!撲滅しろ!」とは思いませんが、「読めないので拡大コピーして使っている」とかそういう現場の声を聞くと、やはり吹奏楽のスコアは小編成でない限り(段数が少なくない限り)は、大きいスコアも選択肢に入れてあげるといいんじゃないかなと思う昨今です。なおかつビオトープが広まれば面白いなと思いますが、そこまでの需要が指揮者側になければGolden Hearts Publicationsが安価版で出しているような色上質紙で良いのかもしれません。(普通紙とか普通の上質紙は色が明るすぎるのでやっぱり目に痛いですよね)

販売譜で大量ロットで生産して、なおかつパート譜を基準にサイズを考えて、小売店に並べることを考えるとA4になるんでしょうけど、今どきの出版社って小売店だけじゃなくて自社ショップ持ってますよね?だったら自社ショップでA3とかB4のスコア販売してもいいんじゃないかなとは思います。特に年とるとキツイんですよねA4スコア。


そんな感じでGolden Hearts Publicationsの吹奏楽のフルスコアは作曲家からの指定がない限りはA3/B4選択制なんですが、高すぎて勉強用とか選曲用には向かないので、A4またはB5に縮小した、指揮用ではないサイズのものを「ポケットスコア」として安価でご用意したりしています。まあ、やっぱり指揮をするにはちょっと無理があるサイズなのであくまでも勉強・選曲用っていう用途におのずと限られてきますね。

A4スコアが見づらいから拡大コピーするってのは違法コピーにもつながるところなので(ちゃんと複製の手続きをしていれば違法ではないですがどえらい高いらしいです)、業界全体的にスコアサイズの見直しや選択肢の増加の動きが起これば、演奏する側も快適になるんじゃないかなあと思う次第です。


今日はこの辺で。

Golden Hearts Publicationsの出版・印刷代行商品はこちらです。

 吹奏楽楽譜・アンサンブル楽譜の出版・販売|Golden Hearts Publications(ゴールデン・ハーツ・パブリケーションズ)

ヤフーショッピングでもお買い求め頂けます。

吹奏楽などのCD・楽譜 WBP Plus! - Golden Hearts Publications(日本の出版社(Japan))|Yahoo!ショッピング

 

Golden Hearts Publicationsこぼれ話~海外作品の現状と作曲家の願い

 

こんにちは!Golden Hearts Publicationsの梅本です。

このブログではこれまで作曲家の紹介や新着情報をお届けしてきましたが、作曲家紹介も一段落したいので、あらためて僕がGolden Hearts Publicationsをやりながら気づいたことやGolden Hearts Publicationsにかける想いなど、色々とお話していければと思います。

おしとやかにぶちまけていきたいと思いますのでしっぽりとお読みいただければ幸いです。

まず今日のテーマは「海外作品の現状と作曲家の願い」としました。

とはいっても別に詳しいわけでも何でもないので、経験上こう感じたとかこういうことがありました、というお話しかできませんが、ちょっと書いてみましょう。

一昔前までは海外の作品はそこそこ大手の出版社から出版されて世界中に代理店を置いて流通していくという形がメジャーだったと思います。

今でもメジャーな手法だと思いますが、ここ10年(もっと前からかな?)くらいから増えてきたのが「自分の出版社を立ち上げて自分のウェブサイトで売る」という形です。出版社を立ち上げるといっても法人化しているかどうかはまた別だったりしますが、「なんちゃらミュージック」みたいなブランド名を付けて自分で売るってことですね。自費出版みたいな形です。だいたいの場合は受注生産かもしれません。実態はよくわかりませんけど。

英語が比較的通じる国であれば、それで多くの国に広めることも出来ますし、何より1冊売り上げた時の利益も大きいし、自分で自分の作品をコントロール出来るという点は作曲家にとってのひとつのメリットだと思います。どこの誰に売ったかも分かりますしね。

昔は出版社にカタログCDを作ってもらって、というプロモーションの流れもありましたが、今はYouTubeやSoundcroudがありますし、必ずしも出版社に預けてカタログCDに収録されないとダメというわけでもないかと思います。

ただ、英語がなかなか通じない国には情報が届かないというデメリットもあるわけです。

そこで登場する国のうちのひとつが日本ですね。大手ショッピングモールですら多言語対応はおろか英語にすら対応してないですからね。

日本では吹奏楽が盛んらしい、自分の国からも売れてる作曲家が出ているらしい、みたいなことは自費出版している作家さんも様々な友人知人のネットワークで知っている人も多い感じがします。

Wind Band Press(Golden Hearts Publicationsと同じONSAの事業で、最初に始めた事業)を始める以前から海外の一部の作曲家とはプライベートで交流があり、彼らの状況も知っていたので、僕も「日本で成功するためにはどうすればいいか」みたいな海外の作曲家に向けた英語のブログなんかを書いていましたね。

成功法則みたいなのはないので「こういうことをやって知ってもらうようにしようね」とかそういう内容だった気がします。もう何を書いたか覚えてないです。(えっ)

ただそういう活動をしていく中で、「僕の作品、日本で演奏されてほしいのねん!」という相談を受けることもあったりして、特にそれを熱望していたのがディートリヒ・ヴァンアケリェンですね。彼は日本語の勉強を始めちゃうくらいに「日本で演奏されたいし日本に行きたいし」みたいな熱い想いを持っています。

Golden Hearts Publicationsは彼の想いに応える形で始まったのですが、他の自費出版をしている作曲家にもたくさん声をかけてみると、やっぱり「日本で演奏されてほしい」という想いはあるみたいですね。想いの強さや優先順位は人それぞれなので、ディーラーとして僕に作品を預けるかどうかも人それぞれですけど。

ですからGolden Hearts Publicationsが印刷代行をしている作曲家は「日本で自作が演奏されてほしい」という想いが比較的強い作家さんということですね。

香港のマンチン・ドナルド・ユーのように印刷代行じゃなくて出版社として預かってくれという先方の希望でGolden Hearts Publicationsから出版している作曲家もいます。ユーさんの場合はグローバル戦略というか、世界各地の出版社から色々な作品を出している方なので、日本に関してはたまたま知りあった僕に木管がらみの室内楽作品は任せるみたいです(みたいですってのもなんですけど)。

海外の情報については、お詳しい方であれば僕よりも詳しいでしょうし、もっと大手の出版社をディーラーにしている作曲家もいらっしゃいます。

ただ日本国内にどれだけ詳しい人がいても、詳しくないその他大勢の人に伝わらなければ、その作品は存在しないとの同じようなものなので、「日本で演奏されてほしい」と願う作曲家の方が僕を頼ってくれるのであれば、微力ながらパワー全開でやりたいと思いますし、これまでそういった作曲家の存在すら知らず、作品の存在も知らなかった方々に情報が伝わり、「あーこの曲やりたいっすわ」ってなって、実際に演奏してみて「あーこの曲演奏できて良かったっすわ」ってなればとても嬉しいですよね。

作曲家もハッピー、演奏する側もハッピー、それを結び付けられたら僕もハッピー。関わった人が皆ハッピー。これって素敵だなと思います。

なので、曲の好き嫌いは人それぞれありますが、「演奏されたい作曲家」と「演奏したい人」をマッチング出来るように頑張る、という次第です。

今日はこの辺で。

 というわけでGolden Hearts Publicationsの出版・印刷代行商品はこちらです。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1660139&sort=n

 

アンソニー・オトゥール「メタモルフォーシス」ほかマーフィー・ミュージック・プレスの新作3タイトルを追加しました!

マーフィー・ミュージック・プレスの新作3タイトルを追加しました!

 

今回追加したのは下記3タイトル。すべてフルサイズ試聴、サンプルスコア閲覧可能です。

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

【吹奏楽 楽譜】朝が来るまで 作曲:アンドリュー・ボス - 吹奏楽楽譜・アンサンブル楽譜の出版・販売|Golden Hearts Publications(ゴールデン・ハーツ・パブリケーションズ)

 

【吹奏楽 楽譜】メタモルフォーシス 作曲:アンソニー・オトゥール - 吹奏楽楽譜・アンサンブル楽譜の出版・販売|Golden Hearts Publications(ゴールデン・ハーツ・パブリケーションズ)

 

【吹奏楽 楽譜】プロ・ヒューマニテイト 作曲:アンソニー・オトゥール - 吹奏楽楽譜・アンサンブル楽譜の出版・販売|Golden Hearts Publications(ゴールデン・ハーツ・パブリケーションズ)

最大16%オフ!会員だけのサマーセール開始!(誰でもすぐに会員になれます)

7/1~8/31まで、サマーセールを行います!

パート譜単品」以外の全商品が、最大で16%オフです。

会員限定のセールですが会員になるのは簡単なので、ぜひご友人の方にもオススメしてみてください。

お買い物方法(会員登録の仕方、ログインの仕方)の詳細はこちらです!

サマーセール2018 お買い物方法 - 吹奏楽楽譜・アンサンブル楽譜の出版・販売|Golden Hearts Publications(ゴールデン・ハーツ・パブリケーションズ)

作曲者紹介~若き天才「アーロン・ペリン(Aaron Perrine)」

 

 

こんにちは!Golden Hearts Publicationsの梅本です。

ここ最近は「あなたの好きな作曲家も最初は知らない作曲家だった」と題して、あらためてGolden Hearts Publications取り扱いの作曲家について、簡単にご紹介してきました。

先週はアメリカの「マーフィー・ミュージック・プレス(Murphy Music Press)」についてまとめてお話しました。

出版社紹介~素敵な出会いがたくさん!「マーフィー・ミュージック・プレス(Murphy Music Press)」の紹介 - Golden Hearts Publicationsのブログ

 

今週は同じくアメリカから、若くして成功を収めている作曲家「アーロン・ペリン(Aaron Perrine)」を紹介します。


ペリン氏は2013年に「ペイル・ブルー・オン・ディープ(Pale Blue on Deep)」、2015年に「オンリー・ライト(Only Light)」でABA/スーザ・オストウォルド賞を受賞した若手の実力派です。

彼とは事前にWind Band Pressでコンタクトがあったかどうか覚えていないのですが、彼を紹介する記事を書いていないのでもしかするとWind Band Pressは絡んでなかったかもしれません。

ただ、曲を聴いて、「うわこの人すげえ」と興奮したのを覚えています。楽譜はどこで手に入るのかな、と調べたら、どうやら個人のレーベルからの自費出版という感じだったので、コンタクトしてみた感じですかね。

このときはすでにマーフィー・ミュージック・プレスとも契約していたので、「輸入でもいいか」っていうところもあり、「日本国内印刷か輸入かどっちかやらせてほしい」と連絡した気がします。

結果的には「輸出入でやろう」ということになったんですけどね。

いずれにしても彼と契約できたのは本当に喜ばしいことで、ガッツポーズ出ますよね。

はてなブログ(このブログを書いている大元のサービス)はJASRACと契約していなさそうなので動画の埋め込みが出来ませんから、各商品ページからのYouTubeリンクをクリックして動画を見てもらいたいのですが、まずは作曲賞を受賞した作品から聴いてみてはいかがでしょうか。

【吹奏楽 楽譜】ペイル・ブルー・オン・ディープ(Pale Blue on Deep) 作曲:アーロン・ペリン(Aaron Perrine) - Golden Hearts Publications Online Store

 

【吹奏楽 楽譜】オンリー・ライト(Only Light) 作曲:アーロン・ペリン(Aaron Perrine) - Golden Hearts Publications Online Store

 

そして最新の作品はこちら。これがまた惚れる。

【吹奏楽 楽譜】テンペランス(Temperance) 作曲:アーロン・ペリン(Aaron Perrine) - Golden Hearts Publications Online Store


その他のアーロン・ペリン作品は下記リンクのページにまとめています。まだ作品数も少ないので、ガッツリ聴き漁ってみて下さいね。スコア単品でもご購入いただけます。下記ページで顔写真も見られます。イケメンです。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1734527&sort=n

出版社紹介~素敵な出会いがたくさん!「マーフィー・ミュージック・プレス(Murphy Music Press)」の紹介

こんにちは!Golden Hearts Publicationsの梅本です。

 

ここ最近は「あなたの好きな作曲家も最初は知らない作曲家だった」と題して、あらためてGolden Hearts Publications取り扱いの作曲家について、簡単にご紹介してきました。

 

これまではGolden Hearts Publicationsから出版、または印刷代行をしている作曲家のお話でしたが、今日は輸入契約をしているアメリカの「マーフィー・ミュージック・プレス(Murphy Music Press)」についてお話したいと思います。

 

Wind Band Pressで知りあった方以外にも、自費出版をしている作曲家をチェックしていたときに、デヴィッド・ビーデンベンダー(David Biedenbender)さんという作曲家の方にもコンタクトを取らせていただいたんですね。彼の作品は「メロディアス・サンク」をはじめ、凄い作品が多いので、ぜひ扱いたいなということで。「こういうことを始めてるんだけど、あなたの作品も扱いたいです」という感じのコンタクトですよね。

 

そうしたら「僕の作品はここの出版社を通してるんだよ」って紹介されたのがマーフィー・ミュージック・プレスです。社長はショーンさん。自身もサクソフォーン奏者で、サクソフォーンの作品を多く扱っていますが、吹奏楽の作品も多く出版しています。

 

てことでショーンさんとコンタクトを取ってみたんですが、「印刷代行は許可できないけど輸入販売ならいいよ!」ということで、印刷代行ではなく輸入販売をすることになりました。

 

後々わかるのですが、彼の出版社の名前で出しているものもあれば、自費出版している作曲家からおそらく委託を受けるような感じで流通させているものもあったんですよね。

 

その中にはポール・ドゥーリー、スティーヴ・ダニューといったアメリカで売れっ子街道に足を踏み入れた方々も含まれていて、彼らの作品は一部を除きマーフィー・ミュージック・プレスのサイトにもカタログとしては掲載されていません。

 

僕はショーンさんからドゥーリーやダニューについて「この人の楽譜も卸せるよ」と紹介されて「ま、マジか!」と興奮したのを覚えています。名前も作品も知っていましたからね。まさかまとめて販売出来るようになるとは思ってなかったので。

 

その後もヴィエット・クオンなど続々と凄い作曲家を「この作曲家はどう?」と紹介していただき、現在に至っています。

 

アメリカでは売れているけど日本ではほぼ無名っていう作曲家はまだまだ多そうです。

 

マーフィー・ミュージック・プレスを通じてアンドリュー・ボス、ジョエル・ラヴ、ニコル・パイウノなど多くの優れた作曲家の作品と出会うことが出来ました。(恥ずかしながらそれまで存じ上げなかったのです)

 

マーフィー・ミュージック・プレスを通じて入手できる作品は、比較的グレードも低く編成もさほど大きくないものから、先日新しく出版されたボスの「イン・アドヴェンチュ・フィナーレム」のようにグレード「6+」の演奏時間50分というとんでもない作品まで、かなり幅広く、なおかつクオリティの高い作品が揃っています。

 

ここまで凄い作品を出版出来たり、売れっ子作曲家が作品を預けたりするってことは、ショーン氏自身、信頼と実績、そして人徳があるんでしょうね。見習いたいものです。

 

スコア単品で買える作品もかなり多いので、ぜひチェックしてみてほしいなと思います。試聴するだけでも楽しいです。(ほとんどの作品はフルで聴けます)

 

▼マーフィー・ミュージック・プレスの楽譜はこちらにまとめています。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1660140&sort=n

すでに100タイトルを超えていますが、気になるものから聴いていただければと思います。

 

グレードからも商品を探せますので、そちらも参考にしていただけると、よりご自分に合ったものを探しやすいかと思います。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1809939&sort=n

 

ぜひこの機会(どの機会)に、マーフィー・ミュージック・プレスの作品もチェックしていただければ幸いです。

メニューに「作家による推奨人数から探す」を追加しました

推奨部数について返信があった作・編曲家の作品のみになりますが、

おおよその人数から作品を探せるように、

「作家による推奨人数から探す」

というグループを作成しました。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1901964&sort=n

 

最小部数版も用意していますのでそんなに気にしなくても良いかなという気もしますが、選曲の際の参考にしていただければ幸いです。