吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログ

吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publications(ゴールデン・ハーツ・パブリケーションズ)のブログです。

小國晃一郎編曲「日本民謡選集~故郷の唄~」収録の6作品の個別販売を開始しました!

f:id:goldenhearts:20200702111114j:plain

 

編曲の小國さんと「バラ売りの方が買いやすいカモーネ」などと相談し、先に販売していた「日本民謡選集~故郷の唄~」収録の6作品を個別販売も同時に行うことにしました。

個別販売の6作品はすべてスコア+全パート譜のセット販売になります。

「1曲でいいんだけどな~」なんて考えていた方はぜひぜひ。

 

【フレキシブル4重奏 楽譜】早春賦 作曲:中田章 編曲:小國晃一郎

 

【フレキシブル4重奏 楽譜】荒城の月 作曲:滝 廉太郎 編曲:小國晃一郎

 

【フレキシブル4重奏 楽譜】夏は来ぬ 作曲:小山 作之助 編曲:小國晃一郎

 

【フレキシブル4重奏 楽譜】茶摘み 作曲:不詳 編曲:小國晃一郎

 

【フレキシブル4重奏 楽譜】村祭 作曲:南 能衛 編曲:小國晃一郎

 

【フレキシブル4重奏 楽譜】ふるさと 作曲:岡野 貞一 編曲:小國晃一郎

配信をやるならターゲット別に曲を変えてみませんかという話

f:id:goldenhearts:20200625121118j:plain



 

こんにちは!

Golden Hearts Publicationsの梅本です。

ブログらしいブログ、週1ペースでなんとか書きたいところです。頑張ります。

有料か無料か(投げ銭は無料じゃないでしょ、と言ったのは清春さん)はさておき、配信が花盛りです。

まあ配信しか手がないということもあるんですけど。

先日「クラシックの演奏会をソーシャルディスタンス時代に開催する方法について考えてみる」という記事をnoteに書いたのですが、

クラシックの演奏会をソーシャルディスタンス時代に開催する方法について考えてみる|梅本周平|note

それはそれとして配信です。

小規模な演奏会を開催する動きは出てきていますが、自分の宣伝として配信は結構使えそうだぞという手応えを感じている方も多いかもしれませんね。

特にヴィジュアルの良い方だと使わない手はないな、という印象です。(ヴィジュアルに自信がない人は仮面舞踏会のアレでも付けておくといいかもしれません)

で、まあそういうおじさんホイホイ的な話ではなくてですね。

どうせ配信をやるならちゃんとターゲットも考えてみよう、というお話です。

配信を誰に見てほしいか、誰に届けたいかということですね。

クラシックに馴染みのない人なのか、吹奏楽などに興味がある(おもに学生)なのか、すでに楽器を演奏している人なのか、もっと深く知りたい人なのか。

例えばクラリネットの良さが伝わる曲、とうのでもクラリネット奏者からしたらゴマンとあっても初心者からするとポップな曲調の短い曲だったり知ってる曲のアレンジの方がいいかもしれないですよね。

Golden Hearts PublicationsのストアにはGolden Hearts Publications以外の出版社の楽譜もたくさんあるので色々探してみていただければと思うのですが、クラシックに馴染みのない人であればそういう人でも知っていそうな曲が良いですよね。CMで使われている音楽とか民謡とか。もしくは全然知らないけどなんか楽しいなとか。

Golden Hearts Publicationsの作品だとこのあたりかな。(アンサンブル多いな)

【フレキシブル4重奏 楽譜】日本民謡選集〜故郷の唄〜 編曲:小國晃一郎

【フレキシブル4重奏 楽譜】「クリスマス讃美歌選集」吹奏楽の為のフレキシブル四重奏 編曲:小國晃一郎

【フレキシブル4重奏 楽譜】「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」第一楽章(管楽合奏版) 作曲:モーツァルト 編曲:小國晃一郎

【フレキシブル4重奏 楽譜】「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」第一楽章(金管合奏版) 作曲:モーツァルト 編曲:小國晃一郎

【サクソフォーン4重奏 楽譜】サクソフォビア 作曲:ルディ・ヴィードフ 編曲:ヴィト・ラ・パグリア

 

【クラリネット/バスクラリネット&ピアノ 楽譜】タンゴ・フォー・スモーキー・アイズ (Tango for Smokey Eyes) 作曲:ディートリヒ・ヴァンアケリェン

 

【ヴィブラフォン 楽譜】琵琶湖周航の歌 作曲:吉田千秋 編曲:會田瑞樹

 

【独奏楽器&ピアノ 楽譜】誰も寝てはならぬ 独奏楽器とピアノのための 作曲:ジャコモ・プッチーニ 編曲:小國晃一郎

 

【独奏楽器&ピアノ 楽譜】ジムノペディ第1番 独奏楽器とピアノのための 作曲:エリック・サティ 編曲:小國晃一郎

 

【独奏楽器&ピアノ 楽譜】愛の挨拶 独奏楽器とピアノのための 作曲:エドワード・エルガー 編曲:小國晃一郎

 

【独奏楽器&ピアノ 楽譜】結婚行進曲(「真夏の夜の夢」より)独奏楽器とピアノのための 編曲:小國晃一郎


吹奏楽などに興味がある(おもに学生)であれば「誰の曲か」になってくるので日本で有名な人の曲がいいかもしれません。

海外の作曲家ならスパークとかデメイとかアッペルモントとかヴァンデルローストとかですかね?リードやバーンズもソロやアンサンブルの作品あったりするのでストア内で検索してみてください。上記のアレンジ作品でも良いですよね。

すでに楽器を演奏している人、もっと深く知りたい人向けには、自分で言うのもなんですがまだメジャーじゃないGolden Hearts Publicationsの作品や、海外だとMurphy Music Pressなんかが良いと思います。

Golden Hearts Publicationsの契約作家さんでソロ・アンサンブル作品を販売しているのは下記。


Murphy Music Pressの楽譜は吹奏楽が多いですがサクソフォーンのソロとかアンサンブルも多いです。


知らない曲でもレッスンに使えたりするのですが、プロの方が先にどういう譜面か見ておかないとレッスンでどう使えるかわからないので、プロの方は積極的に自分の楽器の楽譜は集めてみて下さい。特にGolden Hearts Publications(お願いします!)

僕が大学生の時はクラリネットをやっていたのですが、レッスンを受けていた先生が年に1回、門下発表会をやっていて、その時の各生徒の課題となっていることを解決するのに最適な楽譜を、山のような楽譜の中から「君はこれ」って渡してくるんですよ。この発表会用の練習で各自かなり伸びる(1年で最も伸びる)ので、色々なレベルの作品があるといいなと思います。

ソロ楽譜はこちら。Golden Hearts Publicationsの作品は表紙デザインが統一されているのでわかりやすいと思います。

プロの皆様からのご注文、お待ちしておりますよ・・・

今週のGolden Hearts Publications週間アクセスランキング(2020/6/17~6/23)

 

「いまどの曲やページが注目を集めているのか?」というのを知っていただこう、ということでブログでアクセスランキングなんかをやったりやらなかったりしています。(なるべく続けられるよう頑張ります)

集計対象商品はGolden Hearts Publications、Murphy Music Press、Musicaes、Longitude 91 Publicationsの商品です。

今週のランキングは以下の通り。2020/6/17(水)~6/23(火)の間の集計です。


----------
1位
----------

【吹奏楽 楽譜】星の王子さまの冒険(Las Aventuras del Principito) 作曲:フェレール・フェラン(Ferrer Ferran)

一気にランクアップしましたね!
スペインどうなんだろう、そろそろ出荷できるのだろうか。


----------
2位
----------

【独奏楽器&ピアノ 楽譜】ジムノペディ第1番 独奏楽器とピアノのための 作曲:エリック・サティ 編曲:小國晃一郎

サティは良いよ。サティは良い。


----------
3位
----------

【独奏楽器&ピアノ 楽譜】誰も寝てはならぬ 独奏楽器とピアノのための 作曲:ジャコモ・プッチーニ 編曲:小國晃一郎

これもぜひコソ練とかでやってみてください。


----------
4位
----------

【独奏楽器&ピアノ 楽譜】愛の挨拶 独奏楽器とピアノのための 作曲:エドワード・エルガー 編曲:小國晃一郎

今週は独奏楽器シリーズ人気ですね!

基本的に手軽に演奏できるようになっていると思うので、ぜひ全作品買い占めてください。買い占めてください。(1作品でもいいよ)


----------
5位
----------

【サクソフォーン3重奏 楽譜】トリオ・ソナタ第5番 ホ短調 TWV 42:E1 作曲:テレマン 編曲:ヴィト・ラ・パグリア

ふう!新作なんとかトップ5にランクイン!
まだ実演音源がないのですが近いうちにヴィトが録音するらしいのでもうちょっと待って!(待たずに買ってもいいのよ)

 

以上今週のランキングでした。まだチェックしていない曲があればこの機会にチェックしてみてくださいね!

Golden Hearts Publicationsの楽譜および輸入楽譜や各種CD・DVDはこちらから。皆様からのご注文お待ちしております!

https://www.goldenheartspublications.com/

「サクソフォビア」サクソフォーン4重奏アレンジほか新作5タイトル販売開始!

f:id:goldenhearts:20200625102225j:plain

 

今日はソロ・アンサンブルの新作5タイトルが販売開始になりました!

 

すべて参考音源があるのでぜひチェックしてくださいね!

 

【フレキシブル4重奏 楽譜】日本民謡選集〜故郷の唄〜 編曲:小國晃一郎

 

【ピアノソロ 楽譜】サテュロスの書 作曲:イッポリート・パリネロ

 

【アルト・サクソフォーン&ピアノ 楽譜】アルト・サクソフォーン・ソナタ 作曲:イッポリート・パリネロ

 

【クラリネット&ヴィオラ 楽譜】二人の奏者のための組曲 作曲:イッポリート・パリネロ

 

【サクソフォーン4重奏 楽譜】サクソフォビア 作曲:ルディ・ヴィードフ 編曲:ヴィト・ラ・パグリア

Golden Hearts Publicationsの契約についての裏話とか

f:id:goldenhearts:20200617163711j:plain



 

こんにちは!

Golden Hearts Publicationsの梅本です。

ブログらしいブログもまた久々になってしまいました。

このブログは別に裏話ブログでもないので裏話を書かないといけないわけでもないのですが、たまにはね。

 

Golden Hearts Publicationsの作品、2020/6/17時点で175アイテムになりました。

だいぶ増えましたね。商品登録や販売準備については始めた頃が一番忙しかったですし、その後も「何が必要で何が必要でないか」みたいなことをずっと考え続けて改善を続けているので今がヒマってわけでもないのですが、まあこれだけの作品を預けて頂いてるわけで、それはとてもありがたいことなのです。

 

当初は他の業者さんから「なんでそんなにたくさん楽譜が集まるんですか」みたいなことを聞かれたりもしたのですが、コネらしいコネとか友達関係みたいなのとか特に使わなかったので、(昔からコネがあるような日本の作家さんは他の出版社さんから出される事が多いでしょうし、一応連絡はしたかもしれないけどほとんど反応なかった気がする)最初はディートリヒ・ヴァンアケリェンからの売り込みです。「自費出版している楽譜を日本で売ってくれ」っていう。出版ではなくて印刷代行という契約です。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1631140&sort=n

その後、ディートリヒだけだと作品が足りないので(当時2作品しかなかった)、同じように海外で自費出版をしている作曲家を調べまくって「この作品扱いたいな」というのをリストにして、一斉に招待しました。

「梅本ってのは何者で、ONSAってのは何を目的としていて、その中でGolden Hearts Publicationsは何をするのか」という概要書を添付してメールを送りまくるという、そんな感じです。印刷代行させてくれ、という話をこちらから提案した形。

なので最初は海外の作曲家しかいませんでした。

 

その中で、香港のマンチン・ドナルド・ユーさんという方が、世界各地の出版社から自作を出版するという戦略を取っていて、「印刷代行じゃなくて出版してくれいや」と言われたのがおそらく最初の出版契約ですね。

最近は作曲をストップしているそうです。長期休暇なのか他の仕事に時間を割いているのかは不明ですけど。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1697982&sort=n

 

日本の作家さんに声をかけ始めたのはその後ですかね。実際にお会いしたことはないけど交流があった木原塁さんだったり、逆にリアルの場で知り合って何度か会ううちに楽譜を出版することになって今Golden Hearts Publicationsの一番人気の作曲家になっている正門研一さんもそうですね。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1790473&sort=n

 

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1987793&sort=n

 

契約の形はそんな感じで2種類あって、印刷代行(あくまでも代行しているだけ)で予め作品ごとに決められた固定費のロイヤリティを、売れた分だけ支払うパターン(この曲は25ユーロとかそういうの)と、Golden Hearts Publications(ONSA)からの出版という形にして、ロイヤリティは%で支払うパターンがあります。

 

とはいえ一般的に想像される「出版社」とJASRACが定める「出版者」は別物で、僕は法人ではないのでJASRACと「出版者」として契約することは出来ず、好き放題印刷することも出来ないので、印刷するたびにJASRACに申請をして、許諾番号をもらって、それを印字したものを印刷所に投げています。

 

日本の作家さんと契約を始めた頃にはすでに海外向けに販売を行うグローバルストアの構想はなんとなくありましたが、まだ固まっていなかったので海外の出版社に逆に印刷代行を頼みまくるというスタイルでした(これはうまくいきませんでしたが今ちょっとそんな話がまた出てきています)。今はグローバルストア経由で海外向けに販売しています。

 

あと当時(今もかな)巷では邦人作曲家の奪い合いみたいな雰囲気があって、若い人を青田買いしたり、ベテランを囲ったり、まあなかなか仁義なき戦いが繰り広げられていたので、そこには参入しないようにしようと思っていました。

もともと人ではなくて作品で取り扱いを決めていたので、最初に海外の人に声をかけたのと同じで、「若手邦人作曲家ァ!」とか「コンクールで人気の作曲家ァ!」とかそういうある種のブランドみたいなのには興味なかったんですよね。年齢も国籍も正直どうでもいいです。何歳でもどこの国の人でも作品が良ければそれで良い、「コンクール向きの作品かどうか」なんてさらに興味がない、というのが僕のスタンスです。実際に会ったことなくても良いし、友達じゃなくてもいいし(気分良くやれれば)、バンクシーで良いんですよ。演奏会で演奏してもらえればそれで良いんです。僕の仕事は世界のどこかで誰かに聴いてもらえる機会を創出するようにプロモーションを頑張るだけです。

なので「国内大手から出したいわぁ」みたいな雰囲気がある人にはなるべく近づかないように・・・みたいなところもありましたね。君の好きにしたまえよ、売り込みたまえよ、みたいなところはあります。

 

なので日本の作家さんも数人おられますが、誰彼構わず声をかけているわけでもなく、「これはあの辺の会社あたりが飛びつくだろうな」というところは放っておいています。すべてご縁ですね。うちから出版することそれ自体(または他のどの出版社から出るか)は業界全体的に見た場合にめちゃくちゃ些末なことなので、別にどこから出てもいいんです。世界的に広まればいいです。

 

日本の作品に関しては、目指しているのはマーケットを国内鎖国江戸時代状態から世界に広げることなので、まあ今のところ出島ですよねうちは・・・(海外の作品を日本に売って、日本の作品を海外に売って)

国内外問わず、まだ僕が知らない作曲家、知らない作品というのは山程あって、これからどんな出会いやご縁があるのか楽しみで仕方がないです。

 

Golden Hearts Publicationsでは作品募集もしています。要は売り込みしていいよっていうことです。小國晃一郎さんは作品募集からの付き合いですね。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=2134650&sort=n

 

売り込み、という意味ではイタリアの作家陣はヴィトと契約したところから始まったイタリアンコネクションの人たちですね。みなさん続々と「この曲どう?」ってメールが来ます。

 

Golden Hearts Publicationsから出版された作品は、今のところ5ストアで販売されます。

・Golden Hearts Publications Online Store(日本のストア)
・WBP Plus!Yahoo!ショッピング店(GHPと同じくONSAの運営)
・WBP Plus!楽天市場店(GHPと同じくONSAの運営)
・Golden Hearts Publications Global Store(GHPの海外向けのストア)
・Pia Score(PDFダウンロードストア、ONSAとは違う会社さんです)

これに加えて、今海外の某社とやり取りをしていて、日本人の作品を扱いたいと言われているので、話が決まれば印刷版もGlobal Storeだけじゃなくて海外に拠点がある海外の会社を通じて世界展開されるでしょうし、そういった会社が増えていくかもしれません。

日本国内でもまだ手を出していないモールがありますからね。Amazonとか。

 

「僕私ここにいます!作品聴いて下さい!」という人は下記ページから売り込みしてきてください。素敵な作品に出会うのはとても楽しいです。

 

作品募集!Golden Hearts Publicationsでの作品出版や販売委託についてのご案内 - 吹奏楽楽譜・アンサンブル楽譜の出版・販売|Golden Hearts Publications

 

なお成立過程が成立過程なので、うちは印鑑不要です。デジタルサインでOKにしてます。契約書はPDFやり取りをしておしまいです。(PDFじゃなくてもいいのかもしれないけどね)

 

以上、今日は契約関係の(話せる範囲内での)お話をちょこっとだけしました。

ではまた!

今週のGolden Hearts Publications週間アクセスランキング(2020/6/10~6/16)

f:id:goldenhearts:20200610134029j:plain



「いまどの曲やページが注目を集めているのか?」というのを知っていただこう、ということでブログでアクセスランキングなんかをやったりやらなかったりしています。(なるべく続けられるよう頑張ります)

集計対象商品はGolden Hearts Publications、Murphy Music Press、Musicaes、Longitude 91 Publicationsの商品です。

今週のランキングは以下の通り。2020/6/10(水)~6/16(火)の間の集計です。


----------
1位
----------

【独奏楽器&ピアノ 楽譜】誰も寝てはならぬ 独奏楽器とピアノのための 作曲:ジャコモ・プッチーニ 編曲:小國晃一郎

新作堂々の1位!皆さんぜひぜひ購入してくださいね~。
2営業日位で印刷所から納品されます。


----------
2位
----------

【独奏楽器&ピアノ 楽譜】ジムノペディ第1番 独奏楽器とピアノのための 作曲:エリック・サティ 編曲:小國晃一郎

おそらく1位と関連してこれが2位。これも合わせて購入しておきましょう!


----------
3位
----------

【サクソフォーン3重奏 楽譜】RONDO CHROMATIQUE 作曲:正門研一

Golden Hearts Publicationsで今のところ一番売れている作品です。
皆で演奏すれば怖くない。
コロナがなかったらアンコン全国大会で演奏されていた作品です。


----------
4位
----------

【クラリネット&ピアノ 楽譜】シャコンヌ 〜唱歌「砂山」による 作曲:正門研一

配信が流行っている今こそプロアマ問わずチャレンジしてほしいですね。
カラオケ的なピアノ音源は用意していないので、誰かに弾いてもらったり自分で弾いたりして多重録音したり、リモートセッションしたりして遊んでみて下さい。


----------
5位
----------

【吹奏楽 楽譜】星の王子さまの冒険(Las Aventuras del Principito) 作曲:フェレール・フェラン(Ferrer Ferran)

これも長いことアクセスランキングでは上位の作品ですね。

 

以上今週のランキングでした。まだチェックしていない曲があればこの機会にチェックしてみてくださいね!

Golden Hearts Publicationsの楽譜および輸入楽譜や各種CD・DVDはこちらから。皆様からのご注文お待ちしております!

https://www.goldenheartspublications.com/

ヴィト・ラ・パグリア編曲のサクソフォーン3重奏、テレマン「トリオ・ソナタ第5番 ホ短調 TWV 42:E1」を出版・販売開始しました!

f:id:goldenhearts:20200617135027j:plain

 

今日はイタリアのヴィト・ラ・パグリア氏がサクソフォーン3重奏に編曲した、テレマン「トリオ・ソナタ第5番 ホ短調 TWV 42:E1」を出版・販売開始しました!

 

サクソフォーンの音源は近いうちにラ・パグリア氏が録音する予定だそうで、今は原曲の音源のみ商品ページに置いていますが、泣ける~!って感じの名品なので、ぜひぜひチャレンジしてみてほしいと思います。

ソプラノ2本とバリトンです。

【サクソフォーン3重奏 楽譜】トリオ・ソナタ第5番 ホ短調 TWV 42:E1 作曲:テレマン 編曲:ヴィト・ラ・パグリア

ラ・パグリア氏からは「他に日本の人からアレンジしてほしい曲と編成のリクエストがあればなるべく応えるぜ!」と力強いお言葉を頂いていますので、もしリクエストがあればGolden Hearts Publications(担当:梅本)までご連絡下さい。(PDじゃないと権利上許諾がおりない場合があります)

コンタクトフォームはこちらです。

https://goldenhearts.shop-pro.jp/secure/?mode=inq&shop_id=PA01389425