吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログ

吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publications(ゴールデン・ハーツ・パブリケーションズ)のブログです。

世界は広し、音楽に国境はない。「日本で演奏されたい」という作曲家の想いに応えたい!

こんにちは!Golden Hearts Publicationsの梅本です。

今日はあらためてGolden Hearts Publicationsの原点を思い出すお話。

 

日本では長いこと邦人作曲家ブームみたいなのが続いていますね。次々とクオリティの高い作品を書く若い作曲家も出てきていますし、それはそれで良いことなのかなと思います。

ただなんでもかんでも邦人作曲家、邦人作曲家以外は選択肢にすら入れない、というのはもったいない。(海外の作曲家でも人気の作曲家もいますが全体のごく一部ですからね)

世界は広い、ということは生きていれば吹奏楽関係なく色んな場面で感じることかと思いますが、吹奏楽の世界も広いです。知らないことだらけ。

遠く海外でもどんどんと才能豊かな作曲家が出てきていて、それぞれ非常に個性的な音楽を五線譜の上に書き連ね、今日もどこかの国のどこかの街で僕らの知らない素敵な作品が演奏されていたりします。

前にもブログで書きましたが、Golden Hearts Publicationsが始まったきっかけはディートリヒ・ヴァンアケリェンというベルギーの作曲家の「僕の作品が日本で演奏されてほしい」という強い想いと、彼からの相談に全力で応えたいと思った僕の想い、その2つのコラボレーションみたいなものです。

▼ヴァンアケリェンについて書いた過去の記事も合わせて読んでみてください!

ディートリヒ・ヴァンアケリェン(Dietrich Van Akelyen)との出会い - 吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログ

作曲家紹介~あなたの好きな作曲家も最初は知らない作曲家だった~「ディートリヒ・ヴァンアケリェン(Dietrich Van Akelyen)」 - 吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログ

 

彼との契約をきっかけに、他にも日本で自作を演奏されたいと思っている作曲家はいないかと、いろいろと声をかけて、Golden Hearts Publicationsは現在のラインナップとなっていますが、本当に個性豊かで、よくもまあこんな濃いメンツが集まったなあと思います。

今月は久しぶりに追加でお声掛けを増やしていこうかとも考えていますが、Golden Hearts Publicationsの作品を聴いていただければ、それだけで世の中の広さを少しは感じられるのではないかと思います。

最近は日本人の作品が海外の出版社から出版されて海外で演奏される機会も増えているかと思いますが、やっぱり作家さんにとっても、自国で演奏されるのももちろん嬉しいとは思いますが、作品が国境を越えて演奏されるというのは喜びもひとしおなのではないでしょうか。

「音楽に国境はない」というのを実感できますしね。

Golden Hearts Publicationsはグローバルストアも出来て日本人の作品を海外にもプロモーションしていますが、同じように海外の作品を日本にもプロモーションしています。もし皆さんの心の中に「国境」があるのだとしたら、それは誰でもない自分自身が築いた国境です。国境を壊すのも、そのままにしておくのも自分次第なのですが、もしよろしければ少し国境の向こう側をのぞいてみませんか?

僕は純粋に、シンプルに、優れた作曲家がいて、彼らが日本で演奏されることを願っていて、彼らの想いに応えたくて、Golden Hearts Publicationsを始めたわけですが、日本国内に限らず、より開かれた世界になっていくことを願っています。

 

ちょっと前に、アメリカのある作曲家の友人が、「僕の曲がアフリカに届いた!」と嬉しそうにFacebookに投稿していました。(ルワンダだったかな)

彼の楽譜を持って嬉しそうに写真に収まっている子どもたち、そしてそれを嬉しそうに伝えるアメリカの作曲家。

僕の中にその写真は深く刻まれて、他人事なのに僕も勝手に喜んで、国の距離が遠くなればなるほど嬉しいもんだな、って思いました。

アメリカやヨーロッパ、アジアと、いくつもの国の作曲家の作品をGolden Hearts Publicationsでは扱っていますが、日本は島国なので、どの国からも文字通り「海を越える」わけですよね。おそらく日本の様々な文化も(言語も含めて)世界に飛んでいますし、比較的身近な国だとは思うのですが、それでもやっぱり日本で演奏されるというのは、海外の作曲家にとっても特別なことなのではないかな、と思うのです。

演奏する側、される側、どちらにとっても「オーイエス!」という感じで喜びにあふれた瞬間が来ることを祈りながら、今日も地道に作品紹介を続けていきます。

Golden Hearts Publicationsが作家さんからお預かりしている作品(Golden Hearts Publicationsから出版されている作品もあれば、日本国内でのエージェントとしてやっているのもあります)は下記リンク先にまとまっていますので、ぜひ多くの作品をまずは知って頂くことから始めていただければ、とても嬉しく思います。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1660139&sort=n

 

今後ともGolden Hearts Publicationsをどうぞよろしくお願い申し上げます。

これは要チェック!キンバリー・アーチャーの作品が手に入るようになりました!

Golden Hearts Publicationsが輸入契約をしているMurphy Music Pressを通じて、キンバリー・アーチャーの最近の作品が手に入るようになりました!

今日は他にも安定のクオリティ、ケヴィン・ウィルトの作品もありますが、合わせてチェックしてみてください!

特にマスランカに捧げたアーチャーの交響曲第3番はシビれます。(これを書いたときにはまだマスランカは存命だったようです)

 

【吹奏楽 楽譜】ビーコン 作曲:キンバリー・アーチャー - 吹奏楽楽譜・アンサンブル楽譜の出版・販売|Golden Hearts Publications

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=141306130

 

【吹奏楽 楽譜】アメリカの労働者の歌 作曲:キンバリー・アーチャー - 吹奏楽楽譜・アンサンブル楽譜の出版・販売|Golden Hearts Publications

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=141306132

 

【吹奏楽 楽譜】コモン・スレッズ 作曲:キンバリー・アーチャー - 吹奏楽楽譜・アンサンブル楽譜の出版・販売|Golden Hearts Publications

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=141306135

 

【吹奏楽 楽譜】交響曲第3番「デヴィッドのために」 作曲:キンバリー・アーチャー - 吹奏楽楽譜・アンサンブル楽譜の出版・販売|Golden Hearts Publications

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=141306136

 

【吹奏楽 楽譜】草の川 作曲:ケヴィン・ウィルト - 吹奏楽楽譜・アンサンブル楽譜の出版・販売|Golden Hearts Publications

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=141306137

「選曲ってどうやったらいいんだろう?」みたいな時に役立ちそうなお話

早いものでもう年度末の3月になりましたね。

地域によっては吹奏楽コンクールの締切も早いのでもう選曲を始めているバンドもあるかもしれません。

もしくは春のイベントに向けて最後の1曲、何か入れたいけどどうしよう、みたいなバンドもあるかもしれませんね。

コンクール、演奏会、依頼演奏、なんでも同じだと思うのですが、選曲する際にはただすでによく知られているような作品の中から好きな曲だけ演奏するのもそれはそれで別に構わないと思いますが、やっぱりお客様がいるところでは下記の点をチェックしたいですね。

・誰に届けたいのか(学生さんなのか大人なのか吹奏楽マニアみたいな人なのか、とか、どの地域の人なのか、依頼演奏の場合はどういった客層なのか、とか)

・何を届けたいのか(どんな時間を過ごしていただくのか、何を感じていただきたいのか、とか)

・誰が届けるのか(自分たちは何者なのか、どんな強みがあるのか、どんな個性があるのか)

年末に、選曲のプロの方にWind Band Pressでお話を聞いてみたので、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

「バンドのカラーをしっかりと見極めることが大事」日本センチュリー交響楽団演奏事業部長の山口明洋さんに「演奏会の企画」についてお伺いしました

 

上記インタビューを読んでいただければだいたい選曲の方向性や、そのためにやるべきことが分かってくるかと思います。

「バンドのカラーを知ること」

「より多くの作品を知っておくこと」

まずはToDoとしてはこの2点に尽きますね。

 

バンドのカラーについては自分たちで知ってもらうしかないので僕は何の手助けも出来ないのですが、より多くの作品を知るために・・・ということで、Golden Hearts Publicationsでも下記のような「当店オススメのシチュエーションで探す」というカテゴリを用意しています。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1933013&sort=n

 

例えば演奏会のオープニング用の作品をたくさん知っておきたい、と思えば、こういうカテゴリもお役に立てるのではないかと思います。

 

その他、前にも選曲の幅を広げるための方法として、一日数分、一曲ずつ聴いていくという方法も考えてみました。チェックシート付きの記事はこちら。

選曲の引き出しを増やすためには?1日数分だけで選曲の幅が広がります! - 吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログ

 

結構ギリギリになってから選曲を始めて、ギリギリになって曲を決めたものの「輸入楽譜だから届くのに1ヶ月かかるってさー!」みたいなこともあると思うので、ギリギリまで悩みたいのもわかりますし予算も少ないのもわかりますが、なるべく早く候補曲を数曲選んで、早めに発注しておくと良いのではないかと思います。

どの出版社も同じ時期に何かの曲に注文が集中するということは起こりえますし、その場合在庫がなかったり、すぐには印刷が仕上がらなかったりすることもあります。

なので「出版社なんだから山のように在庫してるよね」とは思わずに、早め早めの用意をオススメします。また、実際に演奏してみたらどうしても技術的に無理!っていうこともありますので(自分は高校時代に定期演奏会のメイン曲が差し替わるという事件がありました)、やっぱり候補の曲は予備も含めて複数選んでおくと良いかなと思います(買ったけどその時使わなかった譜面は、次の演奏会で使っても良いでしょうし)。

 

というわけで(?)久々の商品紹介以外のブログでした。

Golden Hearts Publications 2019年2月の新着商品まとめ

f:id:goldenhearts:20190208145535j:plain

 

2019年2月にGolden Hearts Publicationsでお取り扱いを開始した商品をご紹介します。

「こんな楽譜あったっけ?」

「チェックしてなかった!」

という作品があれば、ほとんどの商品ページからフルサイズの試聴とスコア閲覧へのリンクがあったりしますので、ぜひこの機会に御覧ください。

 

--------
楽譜-ブラスバンド-Golden Hearts Publications作品
--------

■コンサート・マーチ「アライズ・マイ・ミューズ !!」 
作曲:正門研一

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=139942051

正門研一氏が初めて手がけたブラスバンド(英国式ブラスバンド)の作品です。日本人のブラスバンド作品をお探しのバンドはぜひ!

--------
楽譜-吹奏楽-Murphy Music Press作品
--------

■イン・ジ・オープン・エア、イン・ザ・サイレント・ライン
作曲:アーロン・ペリン

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=139803485

ホイットマンの詩に影響を受けた、終始静けさに包まれた美しい作品です。コンサートの雰囲気を落ち着かせたいときなどにオススメ。


琥珀色の空の痕跡
作曲:アーロン・ペリン

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=139803955

本人の解説にもある通り、アイオワの空の色と光に一部影響を受けた作品。光が踊るように反射する様子や様々な色彩がコンパクトに表現されています。


■イロァ・イロァ
作曲:ケヴィン・ヴァルチック

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=139804326

武蔵野音楽大学によって世界初演された、穏やかで美しい作品です。


■子供の民謡組曲
作曲:ケヴィン・ヴァルチック

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=139804578

ハンガリーの5つの民謡のメロディーを元に構成された作品。コンクール自由曲にもオススメです。


以上、2月の新商品でした(ちょっと少なかったね・・・)。

アメリカで人気の作品を演奏してみたいならこの辺りをチェック!

f:id:goldenhearts:20181129210349j:plain



こんにちは!Golden Hearts Publicationsの梅本です。

今日は「アメリカで人気の作品を演奏してみたいならこの辺りをチェック!」

ということで、Golden Hearts Publicationsでお取り扱いしている作品の中から特にアメリカで人気の作曲家などを紹介していきたいと思います。

まずはGolden Hearts Publicationsが日本での印刷代行をしている作家さんから。

交響曲第2番「ヴォイセズ」」で2017年ウィリアム・D・レヴェリ作曲賞、2018年スーザ/ABAオストウォルド作曲賞の2冠を達成し、今最も勢いがありそうなジェイムズ・M・スティーヴンスン氏。

協奏曲をメインに吹奏楽作品も多く書いていますが、現在Golden Hearts Publicationsでは「ヴォイセズ」を含む11作品を展開しています。

ジェイムズ・M・スティーヴンスン氏のコーナーはこちらです。ほとんどの商品ページから試聴へのリンクがあり、スコア閲覧も可能ですので、チェックしてみましょう。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1976019&sort=n


続いては2013年に「ペイル・ブルー・オン・ディープ(Pale Blue on Deep)」、2015年に「オンリー・ライト(Only Light)」でABA/スーザ/オストウォルド賞を受賞したアーロン・ペリン氏。

こちらはすべて輸入の契約です。新作も追加したところなので彼の作品もチェックしてみてください。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1734527&sort=n


そして今勢いがある出版社としてマーフィー・ミュージック・プレスがありますね。

自費出版している作家さんの作品をマーフィー・ミュージック・プレスを通じて輸入することも出来ますし、マーフィー・ミュージック・プレスから出版されている作品もあります。こちらもほとんどの商品ページから試聴へのリンクがあり、スコア閲覧も可能です。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1660140&sort=n

 

その中でも日本でも知られていそうな有名どころでは、「マスクス・アンド・マシーンズ(Masks and Machines)」が2016年のSousa/ABAオストウォルド賞および2015年のNBAウィリアム・D・レヴェリ作曲賞を受賞したポール・ドゥーリー。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1660161&sort=n

 

そしてルイス・セラーノ・アラルコンの作品も輸入可能です。

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1947513&sort=n


日本ではまだあまり知られていなさそうですがアメリカでは人気らしいのは下記の人々ですね。

 

デヴィッド・ビーデンベンダー

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1660173&sort=n

 

アンドリュー・ボス

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1660172&sort=n

 

ヴィエット・クオン

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1761512&sort=n

 

ティーヴ・ダニュー

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1660356&sort=n

 

クリストファー・ロウリー

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1793345&sort=n

 

ジェス・ラングストン・ターナー

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1761506&sort=n

 

ピーター・ヴァン・ザント・レーン

https://www.goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1761505&sort=n

 

聴くだけでも楽しいと思うので、ぜひチェックしてみてくださいね!

マンチン・ドナルド・ユーのサクソフォーン4重奏「センシティビティ」の実演音源が届きました!

f:id:goldenhearts:20190218140551j:plain

Golden Hearts Publicationsから出版しているマンチン・ドナルド・ユー氏のサクソフォーン4重奏「センシティビティ」が2019年2月3日にオランダ初演され、その音源が届きました。

商品ページからリンクしてあるので、ぜひ聴いてみて下さいね!

【サクソフォーン4重奏 楽譜】センシティビティ ( Sensitivity ) 作曲:マンチン・ドナルド・ユー(余文正:Man-Ching Donald Yu) - Golden Hearts Publications Online Store

正門研一氏のブラスバンド作品「アライズ・マイ・ミューズ !!」の販売を開始しました!

f:id:goldenhearts:20190208145535j:plain

 

正門研一氏のブラスバンド作品、コンサート・マーチ「アライズ・マイ・ミューズ !!」の販売を開始しました。

【ブラスバンド 楽譜】コンサート・マーチ「アライズ・マイ・ミューズ !!」 作曲:正門研一 - 吹奏楽楽譜・アンサンブル楽譜の出版・販売|Golden Hearts Publications

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=139942051

 

■演奏時間:約3分55秒

■出版社:Golden Hearts Publications

■参考音源:


【ブラスバンド】コンサート・マーチ「アライズ・マイ・ミューズ !!」(Arise, my muse !! - Concert March):正門研一 (Ken'ichi Masakado)

 

■楽曲について:

 英国式金管合奏団「福岡フローリッシュブラス」からの委嘱により2010年12月に作曲、翌2011年1月16日、同団の「第10回記念定期演奏会」において初演されました。

 この作品は、私が初めて取り組んだブリティッシュ・スタイルによるブラス作品です。特に「英国風」なものを、「英国的」なものを、と意識したわけではないのですが、例えば、ゆったりめのテンポや終盤のグランディオーソには、エルガーホルスト、ヴォーン=ウィリアムズ、ウォルトンなど私の英国音楽体験が反映されているのかもしれません。

 標準的な編成(ブリティッシュ・スタイル)で作曲したこの作品、一般的な行進曲の形式をほぼ踏襲してはいますが、「前半部」は(アルフォードなどの作品にみられるような)前奏-A-B-Aという三部形式を少し広げ、前奏-A-B-A-C-Aという形を採っています。「後半部(トリオ以降)」は、ユーフォニアムのソロがコルネット群に引き継がれ、その後、ブリッジ~グランディオーソ~コーダという構成です。「前半部」のB(Aから派生)及びCではポリフォニックな性格を全面に出すことにより、また「後半部」のブリッジとコーダの部分で、前奏と「前半部」のAのモティーフを再現することにより作品に「変化」と「ストーリー性」、「統一感」を持たせようと試みています。

(今回の出版にあたり、一部オーケストレーションの見直しを行いました。)

 タイトルの「アライズ・マイ・ミューズ !!」には、演奏していただく方々、聴いたいただく方々の「内なるミューズ」を喚起できれば、という想いが込められています(実は、英国の大作曲家パーセルの作品に同名のオード(頌歌)があります)。

この作品は、その後のいくつかの作品(特に行進曲)に大きな影響を与えることになりましたので、少なくとも私自身の「内なるミューズ」が目覚めたことだけは確かなようです。

(正門研一)

 

日本人のブラスバンド作品をお探しのバンドはぜひ!商品ページではスコア閲覧も出来ます。

【ブラスバンド 楽譜】コンサート・マーチ「アライズ・マイ・ミューズ !!」 作曲:正門研一 - 吹奏楽楽譜・アンサンブル楽譜の出版・販売|Golden Hearts Publications

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=139942051