吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログ

吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publications(ゴールデン・ハーツ・パブリケーションズ)のブログです。

アンサンブルコンテストの選曲もお早めに!

 

こんにちは!

Golden Hearts Publicationsの梅本です。

今日のブログは「アンサンブルコンテストの選曲もお早めに!」ということで・・・


毎年吹奏楽コンクールの選曲は、団体によりますが、割と早い印象があります。出版社や小売店も1月くらいからコンクール自由曲に推薦したい曲をプッシュし始めますよね。

バンドによって事情が異なりますので、みんながみんな1月から吹奏楽コンクールに向けて選曲しなければいけないわけではありませんよね。

そう考えると学生の就職活動かってくらい早い気がするのですが、輸入楽譜の場合は出版社の在庫状況によっては到着までに時間がかかりますので、「選曲を始める」タイミングとしてはまあ早ければ早いほどいいのかなと思います。

「いつから練習を始めたいか」

「そのためにはいつまでに楽譜がほしいか」

「そのためにはいつ発注すればいいか(特に輸入楽譜で国内に在庫がない場合)」

「そのためにいつまでに選曲を終わらせておけばいいか」

「そのためにはいつから選曲を始めればいいか」

と逆算していくのが良いかと思います。

そして「楽譜が絶版だった」「出版社に在庫がなくて思ったよりも時間がかかった」という場合に備えて、候補は少なくても2曲出しておくと良いと思います。できれば第3希望くらいまでは出しておきたいですね。

という感じで吹奏楽コンクールについては選曲も早めの印象があるのですが、アンサンブルコンテストも同様です。

特に輸入楽譜を使いたい場合ですね。条件は吹奏楽の楽譜だろうがアンサンブルの楽譜だろうが変わりませんので、「早めの選曲」「第3希望まで出しておく」これをおすすめします。

誰か一人が「やりたいな」と思っても採用されるわけではないのですが、吹奏楽のスコア+パート譜セットに比べると安価ですので、やりたい曲があれば先に個人で買っておくというのも手ですね。

いまは吹奏楽コンクールに参加するバンドはもうコンクールモードだと思いますが、アンサンブルコンテストに出るのであれば今のうちからなんとなく選曲は始めておくとよいのかなと思います。まずは聴くことですね。

早いお客様だともうこの時期にアンサンブルの楽譜を購入されています。

練習時間をたっぷり取りたければ早めの発注が肝心ですね。

Golden Hearts Publicationsのアンサンブル楽譜はこちらです。ぜひ聴いてみてくださいね!

goldenheartspublications.com

(長い曲をアンコン用にカットしたい場合は事前にお問い合わせください)