Golden Hearts Publicationsのブログ

吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログです。

楽曲解説を追加しました:ジェス・ターナー フルート/ピッコロ協奏曲「カボクル小協奏曲」

f:id:goldenhearts:20180525142431j:plain

 

ジェス・ラングドンターナー作曲のフルート/ピッコロ協奏曲「カボクル小協奏曲」の楽曲解説の翻訳を商品ページに追記しました。作曲家自身による解説を翻訳したものです。

 

▼商品ページはこちら(フルサイズの試聴あります)

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=127577497

 

■楽曲について

「カボクル小協奏曲」は、ソロ・フルート/ピッコロとウィンド・アンサンブルのための作品です。タイトルはアフリカ系ヨーロッパ先住民族の混血のブラジル人が使うポルトガル語です。ブラジルの「メルティングポット(人種のるつぼ)」を代表するカボクルは、ブラジルの人口の大部分を占め、踊り、歌、伝統、宗教的信念、英雄、食べ物、そして神話など多くの文化的側面を共有しています。作曲家が作品の中の5つのつながった楽章で表現したのは後者のことです。

 

ブラジルの神話のイアラは長い緑色の髪と明るい肌を持つ美しい川の妖精で、川を渡る男性に優しい歌を歌い、彼女と川の中で生きるために彼らを誘惑しようとしています。いったんセイレーンの呪文にかかれば、ただの死にゆく男は、すべてのものを彼女のところに残し、水で人生が短くなるのに気づくだけです。それぞれの征服の後、彼女は別の男性を引き付けるために彼女の歌を再び歌います。イアラは、しばしばブラジル北部のジャングルから帰ってこない男性についての説明に使われました。楽章は、ソロ・フルートのセイレーンの歌と共に始まります。聴衆が川へと向かう森の中をさまようようにゆっくりとメロディーが全体のアンサンブルを通して広がり始めます。イアラの歌が森の中にこだましている間、音楽は夜になると川になり、徐々に暗闇に消えます。

 

ブラジル南部のポピュラーな伝説の「Negrinho do Pastoreio」の主人公は、馬主の馬たちを世話する若い奴隷の少年です。 競馬で負けた後、少年は非道な主人によって残酷に殴られ、痛みの中で横たわります。 馬たちは2回さまよい、若者は再び殴られ、最終的な罰として苦痛を負わされるためにアリ塚に縛られます。 3日後、主人は少年の身体を除去するために来るが、主人は彼が罰を受けることなく、生きて健康で、母親と一緒に立っているのを見つけます。 (いくつかのバージョンでは、それは聖母マリアと一緒に立っている少年の天使です。)ピッチベンドは、失った馬を探してブラジル南部の丘をさまよっている少年の魂を表しています。

 

カイポーラはシガーを吸って長い黒い髪をしている、小さくて暗い肌のトゥピ語族またはグアラニー語族のインディアンの男の子としてよく表されます。 彼は時にはキツネの頭を持つと言われており、足は後方にあると言われているので、敵や狩人はジャングルを通って彼を追うことができません。 動物の生命の支配者として、カイポーラはジャングルで「公正な遊び」の規則を施行し、ハンターの耳の中で大声で口笛を吹いて、それらを混乱させ、それらを迷わせるようにします。 彼はしばしば野生のイノシシに乗って森を裂くように描かれています。 この楽章では、カイポーラは遠くから始まる打楽器のサンバリズムによって予告されます。 彼が近づくにつれて、音楽は荒々しくなり、最終的にはドラムの狂気と恐ろしい金管低音に溶け込みます。 その後、彼は森に消えていくにつれて警戒を呼び起こして遠ざかります。

 

「イアラの歌」はサッシ=ペレレ(すべてのブラジルの神話の中でおそらく最も有名なキャラクター)の前に一旦戻ってきます。片足のカボクルの男の子であるサッシはパイプを吹き飛ばし、手のひらに穴が開いていて、赤い帽子をかぶって魔法のように見えたり消えたりすることができます。足が1本しかないにもかかわらず、サッシは非常に速く、軽快です。ブラジルでは、彼はいたずらで、厄介な、時にはは塵の渦巻きで消えてしまう前に森の中の旅行者やハンターを怖がらせることを愛する悪意のあるいたずらっ子と見なされます。しかし、彼は罠を掛けたり、彼の魔法の帽子を盗むことができる人に希望を与えます。この最終楽章は、アフリカのカーボベルデ地域からブラジルに持ち込まれたダンスであるバトゥーキです。バトゥーキのリズムには、2対3の独特のフィールがあり、音楽に絶え間ない緊張感を与えます。サッシの俊敏性がここに展開され、ソロ・フルートと残りのアンサンブルは、多くの難しくて角のある小節を演奏することを求められます。イアラの歌は、最後に慌ててサッシが作品を終わらせるために戻ってくる前に最後にもう一度現れます。

(ジェス・ラングストン・ターナー

 

▼商品ページはこちら(フルサイズの試聴あります)

https://www.goldenheartspublications.com/?pid=127577497