Golden Hearts Publicationsのブログ

吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログです。

Golden Hearts Publicationsのポケットスコアについて

こんにちは!
Golden Hearts Publicationsの梅本です。

今日は、Golden Hearts Publicationsが販売している楽譜の形態のひとつ、
「ポケットスコア」についてご紹介します。


吹奏楽のスコアはどのサイズが良いのか?

f:id:goldenhearts:20170817140726j:plain


吹奏楽譜で、特に販売譜の場合、フルスコアは
A4やA4変といったくらいの大きさのものが多いかと思います。

ただ編成が小さい作品でない限り、
段数が多いとA4では少し読みづらく、
指揮をするには向かないと私は考えています。

実際に指揮をされる機会の多い
指揮者の方にも事前にリサーチをしましたが、

A4で販売されているスコアをB4やA3に拡大コピーして使う場合が多いようです。

ですが適切な処理が行われていない限り、
コピーは違法となってしまう可能性があります。

音楽著作権に関する法律は解釈が難しかったり項目が多かったりで、
なかなか「何が違法なのか」というのをわからないまま、
コピーをしてしまうこともあるでしょう。

Golden Hearts Publicationsでは、
お客様が知らず知らずのうちに違法なコピーをしてしまう機会を減らすために、
特に小さい編成出ない限り、フルスコアはA3かB4を選択できるようにしています。

著作者からの指定がない限り、A4は使いません。


■でも、価格がはね上がる

f:id:goldenhearts:20170817141330j:plain

ですが、印刷費にしても用紙代にしても、
A4以上の大きさになると費用が一気にはね上がります。

そのため、見て頂ければわかるのですが、
Golden Hearts Publicationsの楽譜は、

フルスコアのみでの販売もしていますが、
A3/B4の楽譜は高いです。

パート譜はそんなに高いものでもないので、
セットであればそれなりの価格に抑えられていますが、
フルスコア単品は他と比べるとかなり高くなってしまいます。


■選曲用のスコアが欲しい

f:id:goldenhearts:20170817141352j:plain

ですが、やはり選曲用にフルスコアは欲しいですよね。

Golden Hearts Publicationsでも、
無料でフルスコアPDFを全ページ閲覧できるようにしようとしていて、
準備を進めていたのですが、

他社さんのこともあるので詳しくは言えませんが、
どうしても抜け穴があって、
印刷が出来てしまうんですよね。

もちろんセキュリティにお金をかけて
印刷できないようにしている大手出版社もあります。

そこまでのお金がないので、
Golden Hearts Publicationsでは一旦PDFの全ページ公開は中止しました。

「印刷できてもいいじゃないか、タダで見せろよ~」

と思われる方もいらっしゃるかとは思いますが、
著作者にとっては印刷されていようがPDFだろうが大事な財産です。

それを全ページ、印刷できる状態で公開するのは、
彼らとの信頼関係上、無理なご相談です。

そこで考えたのが、

「実用には向かないが選曲用に見るくらいのことは出来るサイズ」

の楽譜、つまりポケットスコアを作成することです。


A4だとカバンに入れるには少し大きい場合もありますし、
A5だと小さすぎて楽譜が潰れて読めません。

ショルダーバッグなどに入るサイズで、判読可能なサイズ、
と考えると、B5が最適かと思います。

そのような理由で、B5のポケットスコアを作ることを
著作者の皆様に確認をとったうえで、販売しています。

それでもオンデマンド生産のため、
数百円で販売というわけにはいかないので、
ページ数が多いスコアはちょっと高いですが、

小さくて持ち運びがしやすく、
収納もさほどかさばらないので、
ぜひ選曲用に、または研究用に、お買い求めいただければ幸いです。

今のところ、クリスティアーン・ヤンセン氏以外の吹奏楽作品は、
ポケットスコア対応です。

Golden Hearts Publicationsが出版・印刷代行をしている楽譜はこちらからどうぞ。

goldenheartspublications.com