Golden Hearts Publicationsのブログ

吹奏楽、室内楽の楽譜出版社Golden Hearts Publicationsのブログです。

比較的小さな編成や少人数でも演奏できる吹奏楽作品をご紹介します!

f:id:goldenhearts:20180123170048j:plain


Golden Hearts Publicationsで取り扱っている作品は、

ほとんどの場合編成が大きめです。

日本のマーケットを意識していないので、

昨今の日本の「小編成」には対応していません。


ですが、その中でも一部、

比較的小さな編成や少人数でも演奏できる作品がありますので、

「Golden Hearts Publicationsの作品をやってみたいけど編成が・・・」

というバンドはチェックしてみてください。


■シズム 
作曲:デヴィッド・ビーデンベンダー

https://goldenheartspublications.com/?pid=120858357

■楽曲解説:

後日追加予定。まずは商品ページから参考音源を聴いてみて下さい。

■編成:
fl
ob
cl
b.cl
bsn
s.sax
a.sax
t.sax
b.sax
hn
tpt
tbn
2 perc
bass
pno

 

■ノスタルジックな3つの小品 
作曲:クリスティアーン・ヤンセン

https://goldenheartspublications.com/?pid=121111075

■楽曲解説:

後日追加予定。
オーボエバスーンがそれぞれ2パート必要ですが、全体としての人数は少なめです(13人)。

■編成:
Flutes [2]
Oboes [2]
Bb Clarinets [2]
Bassoons [2]
Horns [2]
Bb Trumpet [1]
Trombone [1]
String Bass [1]

 

■ヴィレッジ 
作曲:クリスティアーン・ヤンセン

https://goldenheartspublications.com/?pid=121111074

■楽曲解説:

後日追加予定。
オーボエバスーンがそれぞれ2パート必要ですが、全体としての人数は少なめです(13人)。

■編成:
Flutes [2]
Oboes [2]
Bb Clarinets [2]
Bassoons [2]
Horns [2]
Bb Trumpet [1]
Trombone [1]
String Bass [1]


吹奏楽のための組曲第1番 
作曲:クリスティアーン・ヤンセン

https://goldenheartspublications.com/?pid=121111070

■楽曲解説:

後日追加予定。
オーボエバスーンがそれぞれ2パート必要ですが、全体としての人数は少なめです(13人)。

■編成:
Flutes [2]
Oboes [2]
Bb Clarinets [2]
Bassoons [2]
Horns [2]
Bb Trumpet [1]
Trombone [1]
String Bass [1]

 

■ウィンド・アンサンブルのための前奏曲 
作曲:クリスティアーン・ヤンセン

https://goldenheartspublications.com/?pid=121111069

■楽曲解説:

後日追加予定。
オーボエバスーンがそれぞれ2パート必要ですが、全体としての人数は少なめです(14人)。

■編成:
Flutes [2]
Oboes [2]
Bb Clarinets [2]
Bassoons [2]
Horns [2]
Bb Trumpet [1]
Trombone [1]
Bass Tuba [1]
Timpani [1]

 

■聖ローレンスの涙 
作曲:アーロン・ペリン

https://goldenheartspublications.com/?pid=126364274

■楽曲について:

出版社グレード:Medium

マクファーランド・ハイ・スクール9年生コンサート・バンド(ウィスコンシン州マクファーランド)(音楽監督:ジョーゼフ・ハートソン)委嘱作品

昨年の夏の初め、私の5歳の娘は天文学に非常に興味を持ちました。
彼女はそのテーマに関する図書館のすべての本を読んで、流れ星を見るという考えに夢中になりました。
数ヶ月間、流れ星を見られないまま夜空を観察した後、彼女は希望を失い始めました。
私たち全員にとって幸いなことに、「聖ローレンスの涙」と呼ばれることもあるペルセウス座流星群が、すぐに近づいていました。

あるクリアーな8月中旬の夜、私は深夜後に娘を起こしました。
何が起こるかを彼女に伝えることなく、私たちは静かに外に出て行きました。
永遠に感じられるほど心待ちに待って、私たちは最初の流れ星を一緒に見ました!

しかし、明らかな興奮感に加えて、少しノスタルジックな気持ちを感じざるを得ませんでした。
なぜなら、数週間のうちに、私の娘が初めて学校に通うことを知っていたからです。
私たちが星を見ている間、私たちは、次の年が私たちに何をもたらすのだろうかと、順番に話をしました。
2時間の間の無数の流星の後で、私は最終的に私の娘がベッドに戻ることを確信していました。

「聖ローレンスの涙」は、その忘れられない夜に経験した様々な感情にインスパイアされた作品です。

(アーロン・ペリン)

※少しパーカッションが多いのでパーカッションパートの人数次第

■編成:
Flute
Oboe
Bassoon
Clarinet 1-2
Bass Clarinet
Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1-2
Horn in F
Trombone
Euphonium
Tuba
Piano
Percussion 1 (Timpani)
Percussion 2 (Glockenspiel)
Percussion 3 (Chimes, Sizzle Cymbal, Suspended Cymbal, Tambourine)
Percussion 4 (Vibraphone)
Percussion 5 (Key Chimes, Marimba)


■この瞬間に 
作曲:アーロン・ペリン

https://goldenheartspublications.com/?pid=126364270

■楽曲について:

出版社グレード:Easy

「この瞬間に」は私の最初の吹奏楽作品です。

この作品の原型は、私が大学にいた頃に書かれており、パメラ・バストス博士(Dr. Pamela Bustos)の指揮、ミネソタ大学モリス・コンサートバンドによって初演されました。

10年後、バストス博士はウィスコンシン大学スーペリア校にいて、2011年のウィスコンシン大学スーペリア校三州オーナー・バンド・フェスティバルのゲスト作曲家・指揮者として私をキャンパスに招待しました。
私は何年もの間、「この瞬間に」を再編したいと思っており、このフェスティバルは完璧な機会でした。

この作品の再編版は、パメラ・バストス博士の指導の下、2011年のウィスコンシン大学スーペリア校三州オーナー・バンドによって「初演」されました。

(アーロン・ペリン)

■編成:
Flute
Oboe
Bassoon
Clarinet 1-2
Bass Clarinet
Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1-2 in Bb
Horn in F
Trombone
Euphonium
Tuba
Timpani & Wind Chimes
Chimes & Suspended Cymbal
Glockenspiel
Vibraphone
Marimba

 

■トゥ・ザ・ウィンド 
作曲:アーロン・ペリン

https://goldenheartspublications.com/?pid=126364267

出版社グレード:Medium

デトロイト・レイクス・バンド・プログラム(Detroit Lakes Band Program)第50回バンドフェスティバル委嘱作品

新しい作品のアイデアは、しばしば珍しい形で現れます。

この作品は、年次のバンドフェスティバルの第50回を祝って委嘱されたものなので、バンドフェスティバルの始まりと現在とを結びつけることにしました。
私の祖父は1960年代にバンドのディレクターをしていたので、私は彼と話すことで過去とのつながりを探し出すプロセスを開始しました。
私たちは、彼がこの期間に彼のグループと選曲した音楽のいくつか(彼の好きなカール・キングの行進曲の多くを含む)について議論しましたが、この議論のどれもが手近な課題をクリアにしていませんでした。

おそらく私の欲求不満を感知して、私の祖父は、「ウィンドに注意を払い、作品を書け!(Throw caution to the wind and write the piece!)」と言いました。
結論から言えば、このフレーズ、「to the wind」がタイトルになりました。

(アーロン・ペリン)

※パーカッションが多いです


■編成:
Flute
Oboe
Bassoon
Clarinet 1-2
Bass Clarinet
Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1-2
Horn in F
Trombone
Euphonium
Tuba
Percussion 1 (Timpani)
Percussion 2 (Sound Tube, Suspended Cymbal, Maracas, Slapstick)
Percussion 3 (Sound Tube, Snare Drum, Hi-hat)
Percussion 4 (Key Chimes, Chimes, Ribbon Crasher)
Percussion 5 (Key Chimes, Glockenspiel)
Percussion 6 (Carriage Bolt Chimes, Vibraphone)
Percussion 7 (Marimba)

ディートリヒ・ヴァンアケリェン(Dietrich Van Akelyen)の吹奏楽新作「みにくいアヒルの子たちのパレード」の販売を開始しました!

f:id:goldenhearts:20180122153939j:plain

ディートリヒ・ヴァンアケリェン(Dietrich Van Akelyen)の吹奏楽新作「みにくいアヒルの子たちのパレード(Parade of the Ugly Ducklings)」の販売を開始しました!

 

3分ほどの可愛らしい作品で、演奏会のオープニングやアンコールに使いやすいマーチです。

フルサイズの試聴、サンプルスコア閲覧などは商品ページから。

まずは一度聴いてみて下さい!

 

goldenheartspublications.com

ポール・ドゥーリー(Paul Dooley)「マーヴェリックス」「コースト・オブ・ドリームス」「ポイントブランク」の楽曲解説を追加しました

f:id:goldenhearts:20180117164344j:plain

ポール・ドゥーリー(Paul Dooley)作曲の

「マーヴェリックス」
「コースト・オブ・ドリームス」
「ポイントブランク」

の楽曲解説を追加しました。

それぞれ商品ページでご覧いただけますので、参考にしていただければ幸いです。

商品ページはこちらから。

goldenheartspublications.com

goldenheartspublications.com

goldenheartspublications.com

吹奏楽部の活動に関係が深い音楽著作権とGolden Hearts Publicationsの取り組み

f:id:goldenhearts:20180116180907j:plain

 


Golden Hearts Publicationsと同じくONSAが運営する、

吹奏楽・管打楽器の情報サイト「Wind Band Press」。


以前、JASRACの方にインタビューを行い、

「音楽著作権について学ぼう~特に吹奏楽部/団に関係が深いと思われる点についてJASRACさんに聞いてみました」

という記事を作成しました。

▼全文はこちら

音楽著作権について学ぼう~特に吹奏楽部/団に関係が深いと思われる点についてJASRACさんに聞いてみました

 

こちらの記事は2017年4月に公開されたものですが、

今でも多くのアクセスがあります。


今回は記事の中から特に楽譜のコピーに関する点を抜き出し、

その問題についてGolden Hearts Publicationsとして

どのように対策をしているかについてご案内したいと思います。

 

■楽譜のコピーに関する部分の抜粋

質問:

学校の部活動で楽譜を使用する場合、吹奏楽部で購入した楽譜(スコアやパート譜)を必要に応じて団員や指導者用にコピーして使用することはできますか?教育目的のコピーは認められるという意見もあると思いますが。

JASRACの回答:

結論から申し上げますと、JASRACに手続きが必要です。

教育機関での「複製」に関しては、以下5つの要件をすべて満たす場合には著作権者の許諾を受けなくても良いとされています。

1. 学校その他の教育機関であること(営利を目的として設置されているものを除く)

2. 教育を担任する教員や教育や授業を受ける児童・生徒がおこなう複製であること

3. 授業の過程での使用を目的としていること

4. 必要と認められる限度内であること

5. その著作物の種類や用途、複製する部数や態様などから考慮して、著作者の利益を不当に害しないこと

ご質問のケースでは、上記の1から4はクリアできている、あるいはクリアできると思いますが、5に該当しないと考えます。

部活動での使用となりますとそれなりに人数もおられるでしょうし、たとえ人数が少ない場合でも繰り返し使用される実態を考慮しますと、結果的に多数のコピーを行うことと変わりなく、

著作権者の利益を害すると考えますので、出版利用の手続きをするよう案内しています。

 

とのことです。

端的に言えば、「複製の手続きをしないでコピーしてはいけませんよ」ということです。

JASRACは裁判所ではないので、

それが「違法である」と言い切ることは業務上出来ないのですが、

上記のような回答になります。


では手続きなしに楽譜のコピーをした場合、どうなるのでしょうか。

インタビューの最後の項目を抜き出してみましょう。

質問:

他人の著作物を無断で利用するとどうなりますか?

JASRACの回答:

他人の著作物を無断で利用することは、著作権法に定める例外を除き、固く禁じられております(著作権侵害)。必ず事前に利用許諾手続きを済ませてください。

著作権者は、著作権侵害者に対し、損害賠償請求、不当利得返還請求、侵害物や侵害に供された機器の廃棄などを請求することができます。話合いで解決に至らない場合は、やむをえず司法に判断を求める場合もあります。

なお、悪質な侵害に対しては、民事上の責任だけでなく、10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金など刑事上の罰則が定められています。

 

以上です。


注目していただきたいのはここです。

著作権者は、著作権侵害者に対し、損害賠償請求、不当利得返還請求、侵害物や侵害に供された機器の廃棄などを請求することができます。話合いで解決に至らない場合は、やむをえず司法に判断を求める場合もあります。」

場合によっては民事請求が行われる場合があるということです。

リスクが高いですよね。


出版者によってはプルト増しを認めているところもありますので、

よくよくウェブサイトの注意書きなどを読んでいただきたいのですが、


基本的には購入した楽譜を「原譜」と称して保管し、

コピーして使いまわす、というのはアウトに近い行為ということになります。


ですが「原譜」として保管しないでそのまま使うにせよ、

市販の楽譜はスコアもA4サイズがほとんどです。


吹奏楽の譜面は、編成が小さければまだ良いですが、

作品によっては楽器の数が多いのでA4サイズだとスコアが読みづらいですよね。

これでは使う方も困ってしまいます。コピーせざるを得ないですよね。(複製の手続きはしてくださいね)


■Golden Hearts Publicationsの対策

知っていようが知らず知らずやっていようが、

楽譜のコピーを行うことにはリスクがあるということはお分かりいただけましたでしょうか。


実際の現場では、パート譜のコピー、スコアの拡大コピーなどが行われているそうです。

(もちろんしていないバンドもあるでしょう)

著作権に関する意識は高まってきていると思いますが、

それでもついついやってしまう。


なぜかというと、

・スコアが小さいから

・スコアだけの販売がないから

パート譜だけの販売がないから

ということになります。


Golden Hearts Publicationsでは、

未然に購入者の皆様のリスクを防ぐべく、

・拡大コピーしなくても良いあらかじめ大きいスコア(A3・B4サイズを選べます)

・スコアの単品販売*

パート譜の単品販売

以上に対応しています。**

*指揮者以外の方のために、比較的安価なB5サイズのポケットスコアも用意しています。
印刷されている内容はフルスコアと同じです。

**作曲家によっては対応していない場合があります。
例えばクリスティアーン・ヤンセン氏の場合、氏の指定のサイズと部数しか印刷できません。
パート譜単品販売も出来ません。これは氏の編成へのこだわりなのでご了承下さい。
だいたいの場合、段数が多いスコアは大判になるようです。

**対応しているのは吹奏楽譜とブラスバンド譜のみです。
室内楽譜(アンサンブル譜)はA4スコアで、スコア単品・パート譜単品の販売は商品によって異なります。


以上のような対応をしていますので、

楽譜のコピーをしなくても大丈夫なようになっています。


ちなみに他の出版社の方から伺ったお話ですが、

通常、パート譜のコピーをJASRACに手続きすると、

1枚あたり1,000円くらいかかるらしい、とのことです。


Golden Hearts Publicationsのパート譜

だいたい300円ほどになります。(色上質紙を使っています)

手続きしてコピーをするよりは安いですね。


また「海外の楽曲だから何をしてもいいだろう」ということにはなりません。

それぞれの国にJASRACのような音楽著作権管理団体があります。

JASRACはそういった団体と相互に契約をしており、

各国での利用状況を報告し合う義務があるのだそうです。


ですので音楽著作権について不明な点があれば、

海外の楽曲であっても一度JASRACにお問い合わせをしてみてください。


以上になりますが、Wind Band Pressのインタビュー記事では、

楽譜のコピー以外のことも色々とお話を伺っていますので、

ぜひ一度全文をチェックしてみてくださいね。

▼全文はこちら

音楽著作権について学ぼう~特に吹奏楽部/団に関係が深いと思われる点についてJASRACさんに聞いてみました

ロブ・ウィッフィン氏(Rob Wiffin)の吹奏楽作品4タイトルを追加しました!

f:id:goldenhearts:20180111152802j:plain

ロブ・ウィッフィン氏の吹奏楽作品4タイトルを追加しました。

今回追加されたのは以下の4作品。

それぞれ商品ページでフルサイズ試聴、サンプルスコア閲覧が可能で、

ウィッフィン氏による楽曲解説もあります。

ぜひチェックしてみてくださいね。

それにしても素敵な作品を書かれます・・・

goldenheartspublications.com

goldenheartspublications.com

goldenheartspublications.com

goldenheartspublications.com

今年も早速増えますGolden Hearts Publications!福袋も忘れずに!

f:id:goldenhearts:20180105111000j:plain

あけましておめでとうございます。

Golden Hearts Publicationsの梅本です。


今日から営業開始です。

ぜひバンバンとご注文いただければ涙涙でございます。


この休みの間に、イギリスのウィッフィン氏からドドドンとPDFが届いていますので、

来週以降、PDFのチェックをしてから販売開始予定です。


また先月から取り扱いを開始したアーロン・ペリン氏の楽譜ですが、

ペリン氏から連絡があり、おそらくご注文を受けてから10-14営業日くらいで届くと思います。

こちらもぜひご検討ください。


他にも休業日にちょこっといじったのですが、

これまでカート画面のみSSLに対応していましたが

全てのページを常時SSL対応にしました。

より安全・安心なお買い物をお楽しみいただけます。


あとは、福袋!

期間限定販売で残り日数もあとわずかです。

ぜひこの機会にまとめてお年玉でゲッチューしてみてください。

goldenheartspublications.com


それでは、2018年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

▼サイトトップはこちらから

goldenheartspublications.com

Golden Hearts Publications2017年12月の新規取扱商品一覧

こんにちは!

Golden Hearts Publicationsの梅本です。

2017年12月の新規取扱商品まとめです。

すべてスコアPDFサンプル(冒頭5ページほど)の閲覧、フルサイズの試聴が出来ます。

ぜひ商品ページをご覧になってくださいね。

 

吹奏楽 楽譜】

■アメリカの作曲家アーロン・ペリン氏(Aaron Perrine)の自費出版
「Longitude 91 Publications」7タイトル

http://goldenheartspublications.com/?mode=grp&gid=1734527&sort=n

 2013年に「ペイル・ブルー・オン・ディープ(Pale Blue on Deep)」、
 2015年に「オンリー・ライト(Only Light)」で
 ABA/スーザ/オストウォルド賞を受賞した若手実力派、
 
 アーロン・ペリン氏の自費出版社と輸入契約を結びました。
 
 おそらく今日本でこれを輸入しているのは
 Golden Hearts Publicationsだけです。
 
 どれも素晴らしい作品なので是非聴いてみて下さい!

 

■プレジデンツ 
作曲:ロブ・ウィッフィン

http://goldenheartspublications.com/?pid=126767868

 ロイヤル・エアフォース・アソシエーション・バンドのために作曲されたマーチです。
 
 ウィッフィン氏のマーチもカッコイイので是非聴いてみて下さい。
 

■心が知るもの 
作曲:ロブ・ウィッフィン

http://goldenheartspublications.com/?pid=126768017

 作曲家サイトにもスコアにも
 詳しい解説がないのですが、
 抒情的でエモーショナルな作品に仕上がっています。
 
 僕は好きです。

 


【ソロ 楽譜】

■ワンネス 
作曲:マンチン・ドナルド・ユー

http://goldenheartspublications.com/?pid=126280903

 アルト・フルートとピアノのための新作です。
 
 元々はオカリナとピアノのための作品でした。
 
 ミニマルの技法が使用されています。

 

 


以上、Golden Hearts Publications、12月の新規取扱商品でした。